Sponsored Link




sponsored link

「滅亡する都市」

先日地域版テレビ特報で「滅亡する都市」と云う事柄を議題に19歳~21歳の大学生をゲストにして討論をした。

当県は現在人口減小が始まった時から30%が減少して2040年には70万人になり老人社会になり働く人口は37万人必要だが、26万人になるからどうするかという事だ。37万人が働かなければ老人を支える事は出来ないが一人が一人の老人を肩車的に支える事になるが子供もいる事だから働く人は2人を支える事になるがもし26万人の働く人になったら滅びる事に成る。

政府は地域活性化を実現するために4200億円の予算を組んで居る、その配分は「地方創生先行型」、「観光・産業振興・人材育成」、「地域消費喚起型」にそれぞれ検討されるという。

それぞれの県で地方創生事業を行う事になるが当県は働く場所は少なく「女性が輝く場所」などは限られているから大都市へと行って輝く場所で輝く事になるまた男性は働く企業は少ないからこれも大都市へと行く事になる。

討論に参加した女性は此の地で果して結婚出来るのだろうかと言って居た、若者が少ない場所では考えてしまうだろう、負の連鎖での減少はどうしようも無いように思う、当県は米が一番の働き者だったがその者が力を無くしたから次の働き者がいない、観光・地域産業、共に弱いから人材育成と言っても基本が無いから何か心元ない、有るのは都市には無い自然の環境だが大都市から遠く若者には不向きだ、老人が多いから休耕地は増える一方だが有効活用も見つからない、集約して大農経営を政府では推進しているが各々の農家では先祖伝来の土地を他人に耕作されるのは気に合わないようだが、そんな事言って居るからますます若者が此の地から離れて行くのだ、県民皆で知恵の出しどころと思う。

明日は自分の提案を書く予定にしている。

日々の思いの日記

インターネットで1ケ月に何千万稼いでるという人が何故我らにメールを呉れるのだろうか。メールを読んでみると、パソコンに長けていて特別のフォームを構築して稼いでいるように思える。 稼ぐのであれば黙って一人で稼いで居れば良いのではなかろうかと思うのだが、なぜメールマガジンで我に知らせて、インタービュー動画を長々と続けて興味があるなら次回の動画を視てくださてと、また皆同じく「感想と貴方の近況と希望を聞かしてください」という、私に届いた3件のメルマガの動画の後の事柄は皆同じだ、どう見ても同じ企画者が作ったように思う。

月に何千万円も稼いでいる人が自分の事をメルマガで知らせるのだろうか、このような事をすれば税務署では黙って居ないのではないだろうか、多分にかなりの税額になるだろうに、私に来る「インターネットで稼ごう」と云う風のメールは新規に日に1通はくるが一寸見て削除しているが、多分に儲かるから行って居るのだろう。

私も1度とんでもないアフリィエートビジネスに引っかかってしまった事がある。パソコンに文字が打てればOKと云うのが殆どで資金、経験、技術、能力、は不要でインターネットに接続出来る環境が有ればOKという。

そんな美味し話有る訳がないが有るように動画は仕組まれているように感じる何度も動画を見せた終わりに、入会金や指導講習料、又は特別無料と云うのは選考させて頂き選ばれた人には無料というから普通は無理のようだ。

日々の思いの日記

sponsored link