Sponsored Link




sponsored link

我が家の庭木に早朝に数十羽の雀が待機している。

待機している。

待機しているというのは、私が食べ物を呉れるのを待っているのだ。

今の時節は、雪で地面は真っ直ぐに立っている庭木のみである

私が軒下に撒く玄米が唯一の食べ物なのだ。

だが雀達は食べ終えるといつの間にか飛び去ってしまう。

これが毎朝の事だ。

何時もの事だが、玄米を撒いても直ぐには食べに来ない

私が離れてから暫くして数羽が近づくが玄米までは2~3m

位で警戒している、次の数羽も近づくが食べには来ない。

暫くして数羽が玄米を食べに来て4~5個を食べると飛び去るのだ。

それを繰り返して皆が食べ終える感じだ。

何か雀達にはルールあるように感じる

先ずは危険の確認か?、それと多くを食べない

皆に分け合う感じだ。

食べ終えると飛び去るということは、次に食べ物が貰える

所へ行ったのであろうか、多分にそのように思う。

というのは、「私の家に雀がきて餌をせがむ」と言って居る

テニス仲間がいるのです。

その仲間は私の家からは4kmは離れているから同じ雀達では

無いだろうが、何処の雀達も真冬の生き延び方を知っているのだ。

だけど、その雀達を捕獲しようという輩がいるから雀達の警戒心が

根着いたのだろう。

我が庭に来る野鳥は皆非常に警戒心が強い。

我が家の庭には「そんざの実」と「いぬ柘植」の実が有るので

私は名の知らない鳥が来るが私が表に出ると直ぐに飛び去るのだ。

庭木にとまって飛び去らないのは「カラスのつがい」と山鳩だ。

同じ高さの位置に止る雀達は私が表に出ると直ぐに別の庭木に

移動する、雀達は人間は危険なものだが食べ物を貰えるから

人間の近くに来るのだが警戒心は他の鳥たちよりも強い。

雀達も公園の鳩のように近くに来れば愛情も得抱けるが

余りにも私を警戒するので食べ物を与えるのを止めようかと

思うが、この真冬で雪一面の世界ではと思うと・・・・・、

止む無く玄米を撒いてやる。

 

 

日々の思いの日記

http://afr9.net/cs2/473/

自由な時間を手に入れる教科書
このWEBで読むことが出来ます(無料です)

読んだ人たちの感想です、参考にしてください。
無料購読です

樋口正義さん 2017-12-25 09:22:48
自分にとっての自由とは何か?を真剣に考えるきっかけになりました。
今まで「自由になりたいなぁ…でも無理だろうな。」

という、サラリーマン根性丸出しでしたが、
書籍を読んでその考えが変わりました。

「自由になりたい」ではなく「自由になる!」と信じ、
目指し続けていくことにしました。

実はつい最近アフィリエイトを始めました。
これから根気よく、頑張らない状態を作るために頑張っていきます。

今までの常識に捉われず、
新しい価値観で生きていける自信が出てきました。

「自由を諦めた人間の元に自由は絶対に訪れない」
自分の座右の銘にします。ありがとうございました。

詳細は 下より(無料購読)
 http://afr9.net/cs2/473/


jintakeさん 2017-12-25 14:14:10
電子書籍を見させていただきましたが、
この内容は、今の自分の理想としている
生活と見事に一致しているものです。

あくせく働いたところで得られる収入なんてちっぽけなもので、
それだけで満足している人々が多い中、
それ以上の自由を手に入れられる方法があるのだなと気づかされて、
たいへん参考になりました。

ただ実際に行動するかしないかは、
あくまでも自分次第なのは言うまでもないですけどね。

このように、今までの常識を超えた世界を現実化するための
努力を惜しまない姿勢は見習うべき事だろうと思います。


詳細は ↓ より(無料購読)
 http://afr9.net/cs2/473/

 

 

ネットビジネスで稼ぐ

sponsored link