誕生日の花 花言葉12月の記事一覧

「アレカヤシ」

花言葉  :  勝利、

亜熱帯原産の植物であり、寒さには弱く、長期飼育する際は最低10℃以上の気温維持が必要となる。屋外での飼育では非常に大きく育てることも出来、観葉植物としての育成は容易とされるが、温暖な地域以外での越冬は難しいとされる。他のヤシ科の植物同様、耐陰性を持ち日陰でも育成が可能だが、日光不足となる場合もあるので、適度に明るい場所に置く事も必要である。その際の直射日光により「葉焼け」を起こすので、カーテン越しや半日陰に置くようにする。

茎が真っ直ぐ上に伸び、緑色の明るい葉が下に垂れた姿がとても魅力的な観葉植物です。ヤシの種類は多く、一見同じように見えるものが多いですが、アレカヤシは茎に黒い点々があるのが特徴です。噴水のように葉が伸びる姿にとても魅力があります。サンスベリアと同じくマイナスイオンを多く放出する事で知られ、ヤシの仲間では昔から人気の高い観葉植物です。                        生育期の5月から9月は鉢土の表面が乾いたら十分に与えます。特に夏はよく乾くので水切れさせないように注意してください。秋の最低気温が20℃以下になったら、水やり回数を徐々に控え、冬は乾いてさらに3、4日しての水やりにして乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。真冬は暖房などで空気がよく乾燥するので、暖かい時間を選んで、葉に霧吹きをかけて湿度を与えて育てるようにします。春になって暖かくなってくると、だんだんと水を吸いはじめて乾くのが早くなるので、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

アレカヤシ

《12月5日の誕生日の花、花言葉》
アワユキエリカ・・・協力
アンブローシア・・・幸せな恋、よりを戻す
ナンテン・・・・・・私の愛は増すばかり、良き家庭(赤実)、つのる愛(白実)
ポインセチア・・・・聖なる願い、博愛、祝福、私の心は燃えている          シクラメン・・・・・切ない私の愛を受けてください、遠慮、内気、はにかみ、過ぎ去った喜び

誕生日の花 花言葉12月

マルメロの花「マルメロ」

花言葉  :  誘惑、魅惑、魅力、幸福、

バラ科の落葉高木。西アジア原産。江戸時代に渡来。東北・信越地方7で栽培。五月,白または淡紅色の花を開く。果実は洋梨形で,秋黄色く熟し,甘酸っぱく香りが高い。砂糖漬けや缶詰にする。また,せき止めなどに用いる。           果実は芳香があるが強い酸味があり、硬い繊維質と石細胞のため生食はできないが、カリンと同じ要領で果実酒(カリン酒に似た、香りの良い果実酒になる)や蜂蜜漬け、ジャムなどが作れる。成熟果の表面には軟毛が少し残っている場合があるので、よく落としてから切って調理する。マーマレードは、マルメロの砂糖漬けが語源である。

マルメロの実は、砂糖と一緒に煮詰めてジャムにします。
マルメロは生で食べられませんが、ジャムにすればおいしいです

 マルメロ(セイヨウカリン)の写真

 《12月6日の誕生花と花言葉》
サンタンカ・・・・・・謹厳、張り切る、喜び、私を見つめて
ブルークローバー・・・約束
ユキノシタ・・・・・・切実な愛、深い愛情
リトープス・・・・・・こよなき魅力

誕生日の花 花言葉12月