誕生日の花 花言葉10月の記事一覧

シュロの花「シュロ」(棕櫚)

花言葉  :  勝利、不変の友情、祝賀、戦勝、優勝の意、

常緑高木。排水良好な土地を好み、乾湿、陰陽の土地条件を選ばず、耐火性、耐潮性も併せ持つ強健な樹種である。生育は遅く、管理が少なく済むため、手間がかからない。庭園で装飾樹としてよく用いられる。樹皮はシュロ縄として古くから利用されている他、ウレタンフォームの普及以前は、金属ばねなどとの組み合わせで、乗り物用を含む椅子やベッドのクッション材としても一般的であった、また幹の繊維は堅い為、紐やタワシとして利用されております。                                    ヤシ科の常緑高木で特に日本産のワジュロをいう。雌雄異株。五月頃葉の間から太い軸が出て、淡黄色の粟粒のような小さな花を多数つけ、穂状に垂れる。南国的な印象を受ける花。黄色の細かい花が散り敷く様も風情がある。

古代オリンピック競技においても、優勝者には一枝のシュロが授与されたので、この木は勝利の栄冠の意味にも用いられるようになりました。
またキリストがエルサレムに入った日には、シュロの葉を街路にまいてこれを祝したことにより、シュロは歓喜の象徴ともなったようです。
シュロという語を使った熱語もこの頃から表れたようで、たとえば、「シュロを手に持つ」は「優 勝する、卓越する」となり、「シュロを放棄する」は「勝をゆずる」となり、「シュロをあたえる」は「勝利の栄冠をあたえる」などのようです。
シュロの木は弾牲に富み、おさえてもまた反発するので、シュロを勝利の象徴とするために、これらの言葉が生れたのでしょう。

TrachycarpusFortunei.jpg W shuro4051.jpg シュロ(棕櫚、棕梠、椶櫚)の写真

《10月5日の誕生花と花言葉》                           ケイトウ・・・・・・・・おしゃれ、色あせぬ恋
ガーリックパイン・・・・個性的
クコ・・・・・・・・・・誠実、お互いに忘れましょう
チョウセンアサガオ・・・愛敬

誕生日の花 花言葉10月

ハシバミ「ハシバミ」

花言葉  :  仲直り、真実、調和、直感、和解、一致、賢明になって止めなさい、

ロシア沿岸地方から東アジア北東部の全域、詳しくは、ウスリー川流域(沿海地方)、および、アムール川流域から中国陜西省にかけての地域、ならびに、朝鮮半島と日本列島全域に分布する。 花期は3~4月頃で雄雌同株。雄花は尾状花序で、雌花は芽鱗に包まれたまま開花して赤い柱頭だけが目立つ。果実は食用にできるが、世界的に流通しているヘーゼルナッツは本種の同属異種にあたる西洋榛である。

日本では榛と言った名前が付いており、北半球の温帯地域全体が原産地となっています。花色は雌雄同株で雄花穂は黄褐色。堅果はドングリより少し大きな形をしておりヘーゼルナッツとして食用に流通している。

ほとんどが菓子に使われる。種皮を剥き、煎ってから食べるほか、製菓の材料としてクッキー、チョコレート、アイスクリームなどに用いられる。特にチョコレートとの相性が良く、代表的なチョコレート菓子にジャンドゥーヤがあります。

ハシバミ ハシバミ 

ヘーゼルナッツ 200g

《10月6日誕生日の花、花言葉》                                                     ウメモドキ・・・・ 明朗、知恵 、深い愛情
キンモクセイ・・・ 高貴な人、謙遜 、真実、陶酔
コスモス ・・・・・調和
ヒメツルソバ・・・ 愛らしい、気がきく
ボローニア・・・・ 打てば響く、的確、芳香

誕生日の花 花言葉10月