誕生日の花 花言葉9月の記事一覧

写真「カラジウム」

花言葉  :  喜び、歓喜、

涼しげな葉模様やカラフルな葉模様がトロピカルな雰囲気を醸し出す、夏に楽しめる春植え球根として欠かせない植物です。ミニ観葉から小鉢、また、花壇でも楽しめます。熱帯アメリカに7種が自生しています。 一般に市販されているものはホルツラヌムの品種です。これらは葉が矢尻形で、葉色がカラフルです。最も流通している品種は古くから栽培されている‘キャンディダムで、‘白鷺’とも呼ばれています。よく似ている品種に‘ホワイト・クリスマス’があります。また、‘ホワイト・クイーン’、‘ローズバッド’ほか、たくさんの品種が出回っています。ヒメカラジウムは小型の種類で、ヒメハニシキの和名もあります。小型で長さ10cm、幅5cmとなり、緑色地に白色の斑点が散在します。 9月に入り涼しくなると新しい葉が出てこなくなります。また、葉柄(葉の軸の部分)が伸びて折れやすくなるので、あんどん支柱などを立てて葉柄が折れないようにしましょう。葉は球根を太らせて翌年も元気な葉を出させるために大切なので自然に枯れるまで残す必要があります。                         10月頃に葉が枯れはじめます。葉が枯れたら休眠に入った証拠なので鉢ごとビニール袋などに入れるか掘り上げて、おがくずやバーミキュライトを入れた袋や箱に球根を埋めて貯蔵します。 日当たりのよい場所で育てます。慣れると強い直射日光にもある程度耐えますが、真夏は葉焼けをおこすことがあるので、明るい日陰でそだてます。日照不足になると葉の模様がぼやけたり色あせます。生育適温は25℃以上で、日本の気候では初夏~夏が最も元気に生育します。熱帯性の植物で耐寒性はありません。冬は球根の状態で休眠に入りますが5℃以下になると球根が腐るので気をつけましょう。

カラジウム  カラジウム(Caladium)  カラジウム(Caladium)

《9月3日の誕生花と花言葉》                ヒョウタン・・・・繁栄、夢、利得                       アマランサス・・・心配ご無用                         ハマギク・・・・・逆境に立ち向かう、友愛                   マーガレット・・・恋を占う、真実の愛、さよなら、忍耐と悲しみ、心に秘めた愛、          誠実

誕生日の花 花言葉9月

「ガイラルディア」

花言葉  :  団結、強力、きらびやか、天真爛漫、明るい人、

初夏から秋まで、へら形の葉をつけた茎がまっすぐ伸びてよく分枝し、花びらの先が黄色く鮮やかな紅色の花が花茎の先に一輪ずつ次々と咲きます。花の名(属名)は、18世紀のフランスの植物学者の名にちなんでつけられました。         花言葉「きらびやか」は、赤と黄の2色の花弁が鮮やかで人目を引く花の美しさからつけられています。ガイラルディアは花が大きい多年草タイプのオオテンニンギクと、一年草タイプのテンニンギクがあります。別名のテンニンギクは、キクに似ている花の姿が美しく華やかなことから天人にたとえてつけられたそうです。     春に早々と一輪咲いた花は花弁の基部が少し紅色に染まっているだけでしたが、初夏から咲く花は花弁の先を黄色く残して紅色になっていました。          ガイラルディアは赤や黄などの花色や、テンニンギクの花形が丸く盛り上がる八重咲きなどの園芸品種があります。

ガイラルディア レッドプルーム ガイラルディアの花画像  

《9月4日の誕生日の花 花言葉》
ダイコンソウ・・・・満ちた希望
ダチュラ・・・・・・偽りの魅力、愛嬌
ナデシコ・・・・・・純愛、思慕、いつも愛して、純粋な愛、才能
モントブレチア・・・良い便り、消息
レンゲショウマ・・・伝統美

誕生日の花 花言葉9月