誕生日の花 花言葉8月の記事一覧

P1180286(1)「ヒナゲシ」(ポピー)

花言葉 :  心の平静、慰安、休息、感謝、乙女らしさ、恋の予感、陽気で優しい、思いやり、いたわり、

ポピーの属名(ケシ属)は、ラテン語の「粥」が語源。幼児を眠らせるため、お粥に催眠作用のあるケシ属の乳汁を加えていたことに由来します。ギリシア神話では、眠りの神ソムアヌが、豊穣の神デメテルを眠りにつかせるためにつくった花とされ、花言葉もこれに由来します。

漢名の「虞美人草」は楚の武将・項羽の愛人虞美人が、項羽が漢の劉邦の大軍に包囲され死の戦いに出陣したとき、そのあとを追って自害したといわれ、彼女の墓からこの花が咲いたという伝説にちなみます。

花の色は赤、白、ピンク、黄、オレンジなどです。花の色に寄り花言葉があります。赤色⇒感謝   白色⇒眠り、忘却   黄色⇒富、成功

《8月3日の誕生花と花言葉》                 マリーゴールド・・ 健康、可憐な愛情、嫉妬、哀楽、勇者、挫く、別れの悲しみ
カンナ・・・・・・情熱、堅実な未来、永続、熱い思い、永遠
コレオプシス・・・陽気、上機嫌、夏の思い出
ブットレア・・・・ 恋の予感、魅力
キンセンカ・・・   別れの悲しみ、失望、乙女の美しい姿、献身、悲嘆、嘆き

 

誕生日の花 花言葉8月

6d2a983201f9d1b9d638c2abc255a4fde5eac71c_70_2_9_2「トウモロコシ」

花言葉 :  財宝、豊富、繊細、同意

初夏から夏に、穂になった雄花が茎先の長くたらした幅広の葉より高く伸びて、風に散らした花粉を、茎の中ほどの雌花が長いめしべの束で受粉し、やわらかく甘い実をつけます。16世紀にポルトガル人から伝えられた世界三大穀物の一つ、トウモロコシ。花の名は、唐のモロコシの意味で、中国から渡来した赤褐色の小さな実をたくさんつけるモロコシに似ていることから名づけられました。            花言葉「財宝」「豊富」は、ぎっしりときれいに並んでいる黄金色の実をあらわしているからでしょうかね。実になる雌穂が葉のつけ根の太い茎の節に2~3本ついて、長い糸状の花糸を苞の外に出し、茎の先端の雄花がススキの穂のように開き、黄褐色の花粉を出して受粉を致します。

トウモロコシの育て方          

長い栽培の歴史の中で用途に合わせた種々の品種が開発されている。雑種強勢⇒(異なる品種同士を交配すると、その子供の生育が盛んとなる交配の組み合わせ)を利用したハイブリッド品種が1920年頃からアメリカで開発され、以後収量が飛躍的に増加した。また、近年では遺伝子組み換えされた品種も広がりつつある。

食用の品種。茹でる、焼く、蒸すなどの調理方法で食べる。           加工食品用の材料でもあり、例えばコーンフレークやコーンミールなどの材料にもなる。種子に含まれる糖分が多く強い甘味を感じるが、収穫後の変質や呼吸による消耗が激しく、夏季の室温では数時間で食味が落ちる。対策は低温管理の徹底か、収穫後直ぐに加熱して呼吸を止めるなどである。生食用甘味種の2番目雌穂を若どりして茹でたもの、サラダや煮込み料理などに用いられる。

《8月4日誕生日の花 花言葉》
トリトマ・・・・・・あなたを思うと胸が痛む、切実な思い
トレニア・・・・・・温和、可憐、欲望
ブーゲンビリア・・・情熱、熱心、あなたは魅力的
フロックス・・・・・合意、温和、強調、あなたの気に入れば幸せ

 

誕生日の花 花言葉8月