誕生日の花 花言葉5月の記事一覧

黄色い花をつけたプリムラ・ポリアンサス「ポリアンサス」

花言葉  :  少年時代の希望、富貴、神秘な心、うぬぼれ、     悲痛、可憐、

ヨーロッパ原産のいくつかのサクラソウを交配して作られた園芸植物です。冬から春にかけて鮮やかな色の花をたくさんつけます。寒さには強いのですが、暖かくなるとナメクジに花を食べられてしまうことがあるので注意してください。普通はポット苗を購入して育てますが、本来は多年草なので、夏の間半日陰で注意深く管理すれば株分けで増やすことができます。

冬から春にかけて花を咲かせます。草丈が15cmぐらいとコンパクトで、花色が赤、桃色、白など単色の他、色が混じった品種もあります。花の咲き方は一重咲きが多いのですが、他に八重咲きの品種もあります。毎年、秋になると苗が出回るお馴染みの花で、冬の花の少ない時期に咲く貴重な花です。

 紫色のプリムラ・ポリアンサスの花  赤いプリムラ・ポリアンサスの花 

《5月1日の誕生日の花と花言葉》               エーデルワイス・・・恋の感動、貴い思い出サクラソウ・・・若い時代と悲しみ
スズラン・・・・・・幸福、繊細、幸福が戻ってくる、純潔、清らかな愛
ポリアンサス・・・・少年時代の希望、富貴、神秘な心、うぬぼれ、悲痛、可憐

 

誕生日の花 花言葉5月

スカビオサ「スカビオサ」(松虫草)

花言葉  :  朝の花嫁、敏感、無からの出発、魅力、風情、感じ易い、魅力、恵まれぬ恋、朝の花嫁、叶わぬ恋、私は全てを失った、

高原のお花畑を彩るさわやかな花で、昆虫のマツムシが鳴くころに咲くのでこの名がつけられています。ユニークな花形とソフトな色合いが魅力で、風に揺れて群れ咲く様子には、自然な風情が感じられます。古くから俳句にも詠まれ、秋の季語ともなっています。小花が集まって大きな頭状花を形づくり、外側の花弁が大きく広がるのが特徴です。

日本の固有種で山地の草原に生育するマツムシソウ(松虫草)も同属ですが、一般にスカビオサという名前で流通しているものの多くはセイヨウマツムシソウ(西洋松虫草)になります。                              松虫草の語源には諸説あり、花が散ったあとの姿が仏具の「松虫鉦」に似ていることに由来するともいわれます。

スカビオサ|スカビオサ・コーカシカ‘ファーマ’   スカビオサ|‘エコーブルー’の仲間 スカビオサの写真

《5月2日誕生日の花と花言葉》                オキシペタラム・・・信じあう心
キンポウゲ・・・・・子供らしさ、栄誉
スカビオサ・・・・・朝の花嫁、敏感、無からの出発、魅力、風情
スズラン・・・・・・幸福、繊細、幸福が戻ってくる、純潔、清らかな愛
フクシア・・・・・・熱烈な心、趣味がいい、恋の予感、交友
ライラック・・・・・愛の芽生え、青春の喜び、美しい契り 、出会いの喜び、友情

誕生日の花 花言葉5月