誕生日の花 花言葉2月の記事一覧

ボケ 「ボケ」

花言葉  :  情熱、平凡、熱情、早熟、妖精の輝き、先駆者

樹高は1~2m。若枝は褐色の毛があり、古くなると灰黒色。樹皮は縦に浅く裂け、小枝は刺となっている。葉は長楕円形・楕円形。長さ5 ~9cmで、鋭頭でまれに鈍頭。

基部は楔形で細鋭鋸葉縁。花は3 ~ 4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 -~3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。

地植えの場合は植え替えの必要はありません。鉢植えの場合は鉢の中が根でいっぱいになるので1年から2年に1回植え替えが必要です。

行う時期は9月から10月で、まわりの土を半分くらい落として、古い根を3分の1ほど切りつめてから一回り大きな鉢に植え替えます。植え替え後は水をたっぷりと与え、落ち着くまで2週間は直射日光の当たらない場所で管理します。

苗を購入して庭に植え付けをする場合、適期は10月~11月、2月~3月です。ボケは土の中にいる細菌が原因で、根頭がん腫という治らない病気にかかりやすい樹木です。

この時期に植え付けるのは、細菌の動きが鈍い冬のうちに根を十分に成長させ、動きが活発になる春までに病気に対する抵抗力を付けさせるためです。

生け垣にする場合は40cm間隔で植え付けていきます。深植えしないように、植え穴は浅めにします。

ボケ  ボケの実

《2月2日の誕生花と花言葉》                 ウメ・・・・・・・・・・高潔な心、澄んだ心、忠実、独立
フリージア・・・・・・・愛想の良さ、純潔、無邪気、あどけなさ、憧れ
ボケ・・・・・・・・・・情熱、平凡、熱情、早熟、妖精の輝き、先駆者
セツブンソウ・・・・・・人間嫌い
パンジー・・・・・・・・純愛、物思い、私を思って
フランネルフラワー・・・誠実、高潔

誕生日の花 花言葉2月

タネツケバナ

「アワナズナ」(タネツケバナ)

花言葉  :  君に捧げる、勝利、不屈の心、情熱、燃える思い、君に捧げる、父の失策、

冬から春に、羽状に裂けて小葉が細長い楕円形をした葉をつけた花茎に、白い小さな十字状の花が10~20輪ほど次々と咲きながら、細長い棒のような実が上向きにつきます。

2月3日の誕生花は、4枚の花弁の白い十字花、タネツケバナ(種漬花)。花の名は、苗代にまくイネの種もみを水につける頃に田んぼの畦などで花が咲くことから名づけられました。

水田雑草としてもよく見られる。時に半ば水につかって育っている。日本全土に生育し、北半球の温帯域に広く分布する。なお、育ちがよいものは小型のクレソンに似て見えることがある。

七草粥の際には、春の七草のナズナと間違えられる例もある。果実の形が違うので判別は難しくないが、別に毒はないし食べられるので間違えても実害はない。

タネツケバナの仲間には、オオバタネツケバナやミヤマタネツケバナ、ハナタネツケバナ、近年帰化したミチタネツケバナ、タチタネツケバナなどがあります。

Cardamine flexuosa タネツケバナ タネツケバナ

《2月3日の誕生日の花、花言葉》                      アワナズナ・・・・・君に捧げる
スマイラックス・・・我が勝利
タネツケバナ・・・・勝利、父の失策、燃える思い
ツバキ・・・・・・・高潔な理性、控えめな美しさ
ヒイラギ・・・・・・先見、用心、機知、歓迎                    ベコニア・・・・・・愛の告白・片思い

誕生日の花 花言葉2月