暇ねこ日記の記事一覧

久しぶりの事、この家主人(私の主人の父)を父ということにするまた母ということと致します。

父がおかしなことを母に言っていた「腕を上まで巻くり上げて」見てと言う「どうだこの力こぶ」という感じだが少し違う、通常力こぶが有る辺りから捲くり上げた腕全体に赤い発疹で見るからに痒そうであるが「痒くない」と言う母さんが病院に行ったほうが良いと言うも、どうも行く気が無いらしい。

体温計を出してきて体温を測ったら夕べとおなじだという事で、体温計を強く振って水銀を戻そうとしたらしい、水銀がちぎれてしまった、それを直すべく母さんが水に入れたが戻らない、今度はお湯に入れた、そしたら先端の金属部とガラス部のところで先端部が取れてしまった。

何時もこんなへまはお父さんのやる事だなのだがこの度は母さんがやってしまった。お父さんの言うのには「わたくしがやったら何と言われたか判らないー」とぼやいていた。

その後お父さんは朝の食事した後新聞を視ていたが病院に行くといっ出て行った。

 

暇ねこ日記

ゴールデンウェークでこの家の次男が男の子2人とその奥さんが来てから3日が過ぎた、男の子供2人は私を怖がって近寄っては来ない、時折覗きには来るが怖いらしく行ってしまうが私も何か不安で近くには行かないようにして居たが、来てから3日目にもなったので皆の居る居間へ来たら皆来たことには気つかないのか皆知らんふりしてる、テーブルの下に居たが皆を良く見えるサイドキャビネットの上へ移動したら上の男の子が気づいて「にゃんこだ」と言っておもちゃのポリ製のバットで渡しに向かおうとした時に私の主人が「駄目」と強く止めたとき下の男の子も同じくバットを持って私に向かおうとした、上の男の子は私を見ていたが下の男子が主人に「駄目」と強めに言われたので「わぁーん」と泣いてしまった、強く叱られた感じがしたのだろう、私は危険を感じたので逃げる身構えをした、もし止めて貰わなければ私は叩かれていたかも知れない。

 その時その男の子の父親が私の主人に「何もしないうちに怒らないでよ」と言った、私の主人はむっとしたようだが何も言わず黙っていた。

子供を叱るのは難しい、事を起こしてから「そのことは駄目なことだ」と言いばそれは良いことたか悪い事だかが明確で叱るのには理由が有っての事だから納得だろうが、ことを起こしてしまってからでは遅いことも有る。

暇ねこ日記