日々の思いの日記の記事一覧

我が家の庭木に早朝に数十羽の雀が待機している。

待機している。

待機しているというのは、私が食べ物を呉れるのを待っているのだ。

今の時節は、雪で地面は真っ直ぐに立っている庭木のみである

私が軒下に撒く玄米が唯一の食べ物なのだ。

だが雀達は食べ終えるといつの間にか飛び去ってしまう。

これが毎朝の事だ。

何時もの事だが、玄米を撒いても直ぐには食べに来ない

私が離れてから暫くして数羽が近づくが玄米までは2~3m

位で警戒している、次の数羽も近づくが食べには来ない。

暫くして数羽が玄米を食べに来て4~5個を食べると飛び去るのだ。

それを繰り返して皆が食べ終える感じだ。

何か雀達にはルールあるように感じる

先ずは危険の確認か?、それと多くを食べない

皆に分け合う感じだ。

食べ終えると飛び去るということは、次に食べ物が貰える

所へ行ったのであろうか、多分にそのように思う。

というのは、「私の家に雀がきて餌をせがむ」と言って居る

テニス仲間がいるのです。

その仲間は私の家からは4kmは離れているから同じ雀達では

無いだろうが、何処の雀達も真冬の生き延び方を知っているのだ。

だけど、その雀達を捕獲しようという輩がいるから雀達の警戒心が

根着いたのだろう。

我が庭に来る野鳥は皆非常に警戒心が強い。

我が家の庭には「そんざの実」と「いぬ柘植」の実が有るので

私は名の知らない鳥が来るが私が表に出ると直ぐに飛び去るのだ。

庭木にとまって飛び去らないのは「カラスのつがい」と山鳩だ。

同じ高さの位置に止る雀達は私が表に出ると直ぐに別の庭木に

移動する、雀達は人間は危険なものだが食べ物を貰えるから

人間の近くに来るのだが警戒心は他の鳥たちよりも強い。

雀達も公園の鳩のように近くに来れば愛情も得抱けるが

余りにも私を警戒するので食べ物を与えるのを止めようかと

思うが、この真冬で雪一面の世界ではと思うと・・・・・、

止む無く玄米を撒いてやる。

 

 

日々の思いの日記

毎年の事で大変に有り難い事です。                      生家を離れて50有余年過ぎた今年も姉から筍が送られて来た。

米も一緒だった、「今日精米したのだから、筍ご飯にして食べて」        と昨日メールが届いていた。

私の誕生日には必ずに「筍ご飯」を母が作って呉れて家族での夕食だった。    それを姉が知っているので私が所帯を持ってから毎年続けて呉れる。

採りたての筍は、いい香りがするのです、その香りはご飯にすると、       筍だという香でいい香りだ。

今朝の味噌汁の具に筍を入れた味噌汁だった、これも懐かしい香りの味噌汁だった、筍は日数が過ぎると全く香が無くなるので、街で売っている筍やスーパーの真空パック詰めの筍は香りは無いので、筍の香りを知っている人は少ないでしょう。

筍が姉から送られてくると歳をまた重ねた事になるのだが、           これもまたいいかと思う日だ。

 

日々の思いの日記