提案などの記載の記事一覧

サイドビジネスと云っても時間的にはかなりの努力が必要でしょう。土曜日、日曜日に仕事を見つけて働く、または午後6時~10時まで働く、これは体力的に無理があるでしょう。

前回①で記載したネットビジネスは自宅で毎日1時間を計画的に行う方法がある。では具体的にどのように行うかである。インターネットで検索すれば直ぐにでも出来るような唱い文句があるが、それは無理というものでしょう少なくても1週間の下準備の勉強と多少の経費は掛かるでしょう。

最小の経費でパソコンの入力スキルが有れば、その後は「発想と努力の積み重ね」をすれば楽しくなるかも知れません。

それにはネットビジネスの基礎知識を1週間程学ぶ必要があります、ネットで検索すれば先にも言ったように多大な講習費用が掛かります。また旨い話に乗ると95%は経費損という事になるようです。

ネット指導でも無料で一定のレベルまでの指導してくれる人が居る事もインターネットの世界です。それで納得したら次の段階へ進むのが良いでしょう。

自分の能力というか努力する気持ちがあれば、無料の指導で十分に思います。それには自分の下地が有っての事ですが(下地とはパソコンの操作の事)

その無料のインターネットでの指導とは「ネットビジネス園山式5Dアフィリエイト入門塾」です。指導項目が110に及ぶ無料解説です。また90項目の自主で学ぶページの提供が有ります、それで判らなければ出問が出来るのだからお勧めです。

インターネットで、ネットビジネス園山式5D 迄入力して検索すれば、最初に上記項目が有るのでクリックすれば表示されますので、申込をすればインターネットで学ぶことが出来ます。パソコン操作のスキルが有れば理解できると思います。

次回はまた別の提案を致します。                       上記の事柄は指導者の「園山」氏とは全く関係している者ではありません、私が勝手に記事にしていることですのです。また上記の事柄で何らかの問題が起きても私は責任は負いません。

 

提案などの記載

「毎日毎日働いても働いても楽にならない我が暮らし」と感じている方に読んで貰いたい事です。

わが国の働き方が10年ごとに変革しています。10前、またその10年前を振り返れはサラリーマンはその度に減少しています、その昔は働く国民皆サラリーノンの時代が有りました、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という歌が流行った時代には国民皆中流社会と云われておりましたが、昨今を見ると我ら国民の中流意識無いだろう、むしろ今どうなってるるんだと思いながら頑張っていはいるが暮らしは楽ではないと思っている人は多いのではなかなーと思ったりしている。

暮らしは楽では無いと云いながら毎日それなりの食事をして着るものもそれなりの服装をして携帯電話を持ち現在に於いては皆それなりに暮らしている。

という事は、わが国での生活にはお金が必要な社会になってしまっているという事だと思います、お金を稼ぐためにはどうしたら良いかという事です。

その昔は家庭の主人は真面目に勤めていれば年々給料がアップする社会で奥さんは家庭で子供の育成と主人の食事等に専念している社会で有ったのだが、男女均等法が成立してからだろうか女性の社会進出多くなった事により働き方が変化した。

それと同じくして日本のバブル経済が破滅したことで会社は正社員を採用せずに非正規社員を採用することで人件費の削減により経費の縮小に努めて、より能力のある者を効率よく働いてもらうようになった。

そのような事で非正規社員になってしまうと所得は減少するから、奥さんにも働いてもらわないと家庭が維持できなくなってしまった。

そこで会社では副業もOKというところもある、OKで無くても皆良い副業は無いかと思っている人は多い事だろう。

その最先端はネットビジネスだろうが、95パーセントの人は成功していないというのが現状だ。パソコンで検索すれば明日からでも稼げますというが、95%は成功しないのだから、それは無理でしょう、だけと挑戦すれば5%はヒットするのだから試して見るのも良い事でしょう。

だけどそれには初期費用は当然だ、セミナー参加費用です、一度は参加してみよう、そうすれば次の対応が見つかるかもしれません。だが下記のような旨い話には要注意致しましょう。こんな話には必ず裏があるという事を。

・時間もかかりません
・特別なスキルもいりません
・これまでの経験もいりません
・輝かしい実績もいりません
・年齢も性別も関係ありません
・住んでいる国も関係ありません
・顔も名前も出しません
・作業もありません

しかも結果がその日に出ますし即金でどんどんお金が増えていきます。
あなたはこれからどしどしと積み上がっていく莫大なほどのお札の束を手に入れます。

次の話は、また次に続けます、きょうはここまで・・・・・・・・・。

 

提案などの記載