屁理屈と思い込みの記事一覧

未婚者が多く晩婚化の傾向に有るという、当町内には子供達が少ない、毎年離婚率は増えるで現在の日本は衰える傾向だ、若者が結婚出来ないのは、婚期にある男性の所得が少ないからだと云う、国立社会保障・人口問題研究所の調査では、

①18歳~39歳の未婚の9割が結婚願望を抱いている。

②異性の交際相手も友人も居ない男性は6割いる、また女性では5割以上いる。

③男性で年所得300万円未満で結婚した者は1割にも満たない。

④男性で年所得300万円~400万円では2割り5分を超えている。

女性の社会進出が多くなり男女均等法などで女性と男性の所得差は無くなり女性もそれなりの所得があり結婚しなくて自活できるから苦労の多い家庭生活を嫌う者も多くなったのだろうと。

人間環境では子供の居る楽しい家族関係で社会が発展しているのだが、どこかでその環境が崩れ掛かっている、結婚はするがその3割は離婚する、結婚はしても子供は一人と云う家族では社会の発展はない、苦労して子供を育てるから子供は親に恩返しのつもりで努力してまた親になる、これは野鳥や野生動物でも本能だが人間は何時から忘れてしまったのだろう。我思うには昭和21年以降に受けた教育に有る様に思う、自分勝手が許される教育だ、自分勝手が先行して人間環境を理解しないまま現在に至っている。

人間本来は集団動物である、よって互いに助け合い共存しているのだ、だから結婚するのも廻りの者たちが、その人に合うような人をお互いに探り合い、似合い似合いの夫婦になる様にと見つけて

世話をしてくれたので余程の事が無ければ皆と言っていいほどに結婚出来たのだが、これを余計なお世話となり世話をする人が居なくなった事は困ったものと思う。

屁理屈と思い込み

日本の食糧自給率はカロリーベースで39パーセントと、「食料・農業・農村基本計画」を算定して4年連続で改善の兆しは無い。補助金農政を正当化する為に目標を50%にしているという人もいるがこの度45%としたようだがそれでも現実には程遠いと思う。

自給率では米はカロリーが高いから米の生産を上げれば良いのだが、食べる国民は少なくなっていく傾向だ。
今までは米は兼業農家でも「農家保護政策」により米を作付出来たが、これからは兼業農家は無理が来るだろう、米が売れなくなってきているからだ。
米の作付は「農機具が有れば楽になった、だから兼業農家が成り立っている。
他の作物は土日の仕事では成り立たないから兼業は出来ない。

では農業政策をどうするかだが、米作りは兼業で出来るとなれば飼料米を作付すれば良い事になる、「秋田牛」の呼び名は飼料米を何%食べさせたか基本になっているが飼料米は価格が安いから農家には無理がある、それでは補填しようかという事になると農業改革は進まない。

補填無しで飼料米を生産できる農業改革が必要だ、兼業農家は休耕田や休耕畑にせずに大農経営を目指す人に田畑を貸し付けをすればよい、また高齢者も同じ事だ、土地改良区が現存して居る今土地の区切りを無くして広い農地にすれば効率も良いのではと思うが、地主はそう易々と他人に耕作させるのを嫌がる、それは先祖伝来の土地を他人に任せられるかという考えが根強い。

そこで国は国の責任で預かり耕作希望者に貸す仕組みを作ったがそれでも休耕地にして置くのは持っての他だ。
その内に農業法を変えて作付可能な休耕地は課税を高くするとして、何れは国が買い取る仕組みとすれば休耕地は無く成るのではなかろうか。

また高齢者で会社を退職した人で農業を行いたい人を仕事に応じた雇用をすれば農業生産も向上するのでは、現在は外国の食べ物で我らは日々生きて居る事になって居る、人それぞれに好みは有るだろうから、我々の食べ物は50%は自国で生産されたものを食べて暮らして行きたいものだ。
農業改革が進めば外国に売る農作物や果樹は改良されて利益の出る農業か発展もするだろう。

屁理屈と思い込み