創作童話の記事一覧

「ミミズ君の友達」

里山の木々たちは若葉を大きくして山の景色を変えて賑やかな夏を待っておりました。

 八十八夜も過ぎて太陽さんは暖かい陽ざしを里山いっぱいに送ってきておりました

「あたたかくて気持ちいいなー」

ミミズ君はからだいっぱい伸ばして暖かくなった太陽を見ながらキョロキョロと辺りを見回したらサンショウの若芽のかげでシモムシさんが楽しそうに食事している所へ声を掛けました。

「イモムシさんあたたかくなったけど夏は好きかい」

「あーらミミズ君わたし夏はだーい好きよ楽しいことがいっぱいあるからね」

そこへジムシ君がむくりと顔を出しました。

「ぼくも夏は大好きなんだ」

ミミズ君は楽しいことが気になり聞きました。

「イモムシ君はどうして夏が好きなの」

「ぼくは夏になると旅に出るんだ」

するとイモムシさんもいいました

「わたしも、もう少しあとになるんだけど旅に出るつもりよ」

「ジムシ君とイモムシさんが旅に行くのならぼくもつれてってくれないかなー」

ジムシ君がたのむように言いました。

「連れて行きたいのだがぼくは大空を飛んで行くんだよ」

「わたしも早くは飛べないけど楽しいのよ」

「どうしてジムシ君もイモムシさんも大空を飛んでいくの」

ミミズ君はジムシ君とイモムシさんが大空を飛んで行くのだと言うがどうして飛ぶのか まったくわかりませんでした。

「ジムシ君とイモムシさんはぼくを連れて行くのが嫌いで大空を飛んで行くのだなどと言うのだろうー」

ミミズ君は怒ってしまいました。

「ごめん、ごめんミミズ君を連れて行くのが嫌いで言うのではないよ、ぼくはこれからサナギになって、それからカブトムシに変身してからの事なのだよ」

イモムシさんも続いていいました

「わたしもこれからジムシ君と同じくサナギになってひと休みしいアゲハチョウになってから旅に出るのよ」

「そうかージムシ君とイモムシさんは変身するんだね、ぼくは知らなかったので起ったりしてごめんなさい、そうなるとジムシ君とイモムシさんにはもうあえなくなっちゃうのだね」

ミミズ君は悲しくなり泣きべそをかいてしまいました。

「ミミズ君はいつもこの辺りに居れば時々来て旅の話をしますよ」

続けてイモムシも言いました

「わたしも来てお話するね、だけど遠くへ行ってしまうとミミズ君の居るところ分らなくなって、ここへ来られるか心配だわ」

「そんなに遠くへ行ってしまうのかー」

「ぼくもミミズ君の居る所探せるか不安だなー」

「するとイモムシさんもジムシ君も旅の話を聞かせてくれると言うのはぼくを置いて行くための、なぐさめを言ったんだな」

ミミズ君はまた怒ってしまいました

「怒らしてごめんぼくはクヌギの木の液が大好きだから好きな液を出すここにあるクヌギの木があればかならず見つけて来るよ」

イモムシさんも言いました

「わたしはこのサンショウの木が目安だから必ず来ますよ」

「そんなこと言ってクヌギの木やサンショウの木はほかにもたくさん有るのだよね」

ミミズ君は下を向いて泣きべそかき涙してしまいました、しばらくして言いました

「ジムシ君イモムシさんぼくは誓います、一生懸命に土を耕してクヌギの木とサンショウの木を大きく育てて遠くからでも見つかるように致します」

ミミズ君はしんけんにジムシ君とイモムシさん誓いました。

それから何日かしてイモムシさんは朝早くにサナギからアゲハチョウに変身して旅たちました。

またそれから少し遅れてジムシ君も旅たつ用意をしている所へミミズ君が頭を出しました。

「ジムシ君ともしばしのお別れかー、だがすごくかっこういいなーそして強そうだなー」

「ぼくはここで育ったのだからまた会えるよ」

ジムシ君はミミズ君にまた会うことを約束して飛び立って行きました。

それからミミズ君は毎日毎日一生懸命に土を耕しました

そして夏の陽をうけてクヌギの木とサンショウの木も葉を大きく茂らして遠くからでも見えるようになりました。

夏の陽はこれでもかと云うくらい暑い陽ざしを山里いっぱいに送り続けておりました。

ミミズ君は時々頭を土から出してイモムシさんとジムシ君が来ないかなーと見上げるのでした、それから数日してアゲハチョウに変身しているイモムシさんがサンショウの木の上をけわしく飛んでいたがすうーとサンショウの木に羽根を休めて地面を見るとミミズ君がキョロキョロと上を見上げているのに気がつきました。

「ミミズ君ーミミズ君私よー」

ミミズ君は声のした方向を見たがアゲハチョウが呼んだとは気が付きません。

「ミミズ君てばーわたしよー」

ミミズ君はようやく声の主に気が付いたが不審なようすで警戒している。

「わたしイモムシよー言ったでしょーアゲハチョウに変身したのー」

ミミズ君はようやく分ったので、わーと、嬉しい喜びの声をだしてしまった。

「イモムシさんかーあまりにも変身したので分らなかった、それで旅は楽しかったかい」

「楽しかったけど怖かったことがあったの」

「ぼくもこわいことが有ったんだ」

「私はね野原を飛んで楽しんでいたら美しいあざみの花が有ったので休みながら密を食べているとミツバチ君が来てあかしやの花蜜はもっとおいしいよと教えて貰っているところへ友達が来てね、なんのって怖かったー」

「ぼくもだよ友達と一生懸命に土を耕していたら「ゴウゴウ」とすごい音がしたと思ったらモグラが現れて友達が食べられてしまったのだ、ぼくはびっくりして土の上に出たので助かったがその後が大変だったのだ、あまりびっくりしたので土の上で動けなくなっている所へ夏の太陽が身体が乾いてしまいそだったがそこへ運良く夕立が来たのでようやく息を吹き返して落ち葉の下へもぐり込んで助かったんだ」

そんな話をしている所へ羽根音をたててカブトムシくんが降りてきた。

「クヌギの木の上で聞いていたがミミズ君もアゲハチョウさんも大変だったんだなー」

「カブトムシ君は強いからいいよなー」

「いやいやそうじゃないぼくは少し遠い所に美味しい液がたくさん出ているクヌギの木があると聞いたのでさっそん行き美味しく食べているとクワガタが来たのでけんかに成ってようやく勝ったと思ったらこんどはスズメバチが来たので戦ったが勝負がつかず引き分けたらこんどはミツバチ君とコガネムシ君が来たので食べるのを止めていたらスズメバチ君が助けてくれた」ミミズ君が聞きました。

「なんで戦ったスズメバチが助けてくれたの」

「スズメバチは目が良いので「遠くで君を狙ってるようだ」と教えてくれたので木の後ろへ回り 枝下のへこみへ隠れて夜になってようやくこのクヌギの木に戻って来て休んでいたんだ」

「アゲハチョウさんもカブトムシ君も助かって良かった。

「このクヌギの木が一番安心でいいよ」

カブトムシ君は安心しきった様子で言いました。

「ミミズ君が一生懸命土を耕してくれたのでクヌギの木も大きくなり葉をいっぱい茂らして呉れたのでここが一番安心だよ」

夏の太陽はなかよし友達をにこやかに笑顔と暖い陽を送ってクヌギの木とサンショウの木の葉をますます茂らせました。

アゲハチョウさんが言いました。

「わたしはこのサンショウの木に卵を産みつけて子供を育てることにするわ」

「そうかーイモムシさんにもジムシ君にもまたあえるかーうれしいなー」

里山は夕焼け空になりだしたので「カブトムシ君アゲハチョウさんまた明日ねー」とミミズ君は元気の土にもぐり一生懸命に土を耕すことに精をだすのでした。

                                おしまい。

創作童話