創作童話の記事一覧

「カラスの御礼」

小学一年生の勇太郎は昨日からお爺ちゃんの家にお泊りで遊びに来て居ました。

お爺ちゃんは庭で盆栽に水をやって居る所へ勇太郎が玄関から出てきました。

「お爺ちゃんお早う」

「おお勇太郎お早う」

「お爺ちゃんの家の朝って気持ち好いねー」

「そうだよ庭に木がたくさん有るから木の葉が気持ち好い空気を出してくれてるからだよ」

そんな話しをして居る所へ雀のチュン吉がせきこんで松の盆栽にとまりました。

「大変だ助けて下さい」と大事に言う。

「どうしたチュン吉」お爺さんが言った

「先ほどからカラスが私の子供達をジッと見てるんだそれで子供達が怖がってる」

チュン吉には五日ほど前に五羽の雛が生まれたばかりだった。

お爺ちゃんはチュン吉の巣と庭の松の方に目を向けた、勇太郎も同じ方向を見た、松の木でカラスがチュン吉の巣を睨んでいる。

「おーいカラス、チュン吉の子供に悪さをしてはだめだぞ」と勇太郎が叫んだ。

するとカラスは睨むように勇太郎を見た、勇太郎はブルっと震えた。

「わっー怖いお爺ちゃん」と勇太郎は泣きそうになる。

「そうだジョロ助に頼んで言ってもらおう」と勇太郎は柴犬のジョロ助を呼んできた。

「おーいカラス君チュン吉が困ってるぞチュン吉の困るような事しちゃー駄目だぞ」とジョロ助が大声で言った。

カラスは今度ジョロ助をじろりと睨んだ

「お婆ちゃんにも頼もう」とお婆ちゃんを呼びに行った。

お婆ちゃんが来てカラスを見ると

「うわー怖い私は駄目だよ、チャコに頼んだら良いよチャコは木に登れるからカラスの近くまで行き追い払って貰いなよ」

「そうかチャコは木に登れるからチャコに頼もう」と猫のチャコを呼んできたがチャコもカラスを見るとブルっと震えてしまった。

「私カラス怖い、カラスとは話し出来ません」

勇太郎は困って居ると、お爺ちゃんが

「私か頼んで見よう」と梯子を松の木に掛けたときカラスが言った。

「みんな私に用が有るようだな」

と庭に有る一番大きな石の上に下りて来た。

「カラス君チュン吉が困ってるんだ、チュン吉を困らせないで呉れないか」

「俺は何も悪い事してないよ何でチュン吉が困ってるんだ」

「チュン吉の子供達に悪さをするのではと思って困ってるところなのだ」

「チュン吉の子供達を何処かへ連れて行こうと思ってるんだろう」と勇太郎

「みんな何か勘違いしてるな雀さんの子供達が元気にして居るのを見てただけなんだよ」

「うそを言っては駄目だよ、その目は隙が有れば子供達を連れて行こうと云う感じだぞ」

「どうしてそう思うのだ」

「だってカラス君の真っ黒な姿と顔や目はどう見ても悪さをするぞと云う感じだよ」

「俺は生まれた時からこう云う顔なんだ、今日ここに来たのはおじいさんにお礼とお知らせが有って来たのだ、あなた達は私を見るなり悪者扱いをするのは止めて下さいよ」

「カラス君私に用事とは何ですかね」

「お礼から言わさしてもらいます俺が町内のゴミ置き場で網の中に入り困っている時におじいさんに助けていただきました、本当に有り難うございました、お知らせは俺の子供が七羽生まれました、かわいい子です」

「おうおうそうかそれはうれしいね」

「お礼とそのお知らせに来たのです」

それを聞いてみな笑顔になりました。

「カラスさんごめんなさい私カラスさん怖かったから」とチュン吉が謝りました。

「カラスさんごめんね、お婆ちゃんやジョロ助とチャコに頼んで追い払おうとしたりして」と勇太郎が謝りました。

「カラス君は優しいんだ見た目で判断してはだめだよ勇太郎」

お爺ちゃんの言葉には何か強い優しさを感じました、カラス君はお爺ちゃんにぺこりと頭をさげてから言った。

「これから時々遊びに来ても良いですか」と勇太郎の方を見ました。

「ぼく今日帰ってしまうんだ、チュン吉、カラスさんは優しいからお爺ちゃんと一緒に子供達の話しすると楽しいよ」

お爺ちゃはチュン吉にいいました。

「カラス君はあのように真っ黒で顔や目付きは悪いが話しをして見ると心は優しいんだ」。

「今度会ったら友達だよね」とチュン吉

「今日は良かったー怖い怖いと思ってたカラス君とうれしい話しが出来たから」と勇太郎はにこにこしている。

お婆ちゃんとジョロ助それにチャコもそれぞれ顔を見合わせながらにこやかに家へと戻って行きました。

 

おわり

創作童話

『ちゅん太の別れ』                 暇tarou

今日は太陽がいっぱいで気持ち良くお父さんとお母さんはぼく達の為に朝早くからせっせと食べ物を運んでくれ僕たちはにぎやかにしていました。

ぼくは四羽の内で一番先に生まれた雄で入り口の一番近い所が居場所なのです、と云うのはお父さんとお母さんが食べ物を持って入って来る時に一番先にもらえるからここに決めたのです。

今日も何度か順番にもらいましたがお母さんが何時もより大きい青虫を持って来たのでこれは食べたいとぐっと前へ突っ込んだときでした。

「あなたの番ではないでしょう」と言ってちょいと避けられしまった時です「あっ」と言ったがぼくは巣から飛び出してしまいした

羽根を広げたが飛ぶことは叶わず塀の外まで枝を伸ばして居たいちじくの葉に何度か当たり落ちてしまいました。

お母さんは大きな声で何度も何度もぼくを呼んでいる、お父さんも来て「大変だ大変だ」

と大声で叫んでいる弟も妹も「大変だ大変だお兄ちゃん」呼んで居るのが聞こえるがぼくは飛ぶことがまだ出来ないので「ここだこ

こに居るよ」と大声で何度も言い羽根を何度も何度も羽ばたいたが身体を少し持ち上げる程度でまったく飛び上がることは出来ません。

お父さんとお母さんはいちじくの木にとまり何度も何度もぼくを呼びながら大騒ぎでぼくを心配しているがどうにもならない、ぼくは「お父さんお母さん」と大声で叫ぶことに頑張りました。

そんな大騒ぎをして居る所へリックを背負い野球帽をかぶった少年とそのおじいちゃんが通り掛かりました。

「おじいちゃん雀が大騒ぎしてうるさいね」

「悠太、雀は今が子育ての真っ最中だからみんな元気なんだよ、それにしてもさわがしいなー」とおじいちゃんは辺りをキョロキョロとしている。

「どうしたのおじいちゃん」

悠太と呼ばれた子供はおじいちゃんに合わして辺りを見回していてぼくに気がついた

「おじいちゃん子雀が居るよ」

おじいちゃんも直ぐに気が付いていたらしく「まだ飛べないので巣から落ちたんだなーそれで親雀が心配して騒いで居るんだよ」

おじいちゃんの話が終わった時にはぼくは悠太君の手に抱かれていた。

お父さんとお母さんはますます大声でぼんを呼びながら悠太くんとおじいちゃんの上を跳び回っている。

「おじいちゃん雀飼ってもいい?」

「うーんほっておけば死んでしまうかもしれないからなー」

「ぼく飼うよ」

悠太くんはぼくを両手で持ちながらおじいちゃんの家へ急いだ。

おばあちゃんは玄関前で孫の来るのを今か今かと待っていた、悠太君は小学二年になりゴールデンウエークで横浜から秋田のおじいちゃんの所への一人旅で駅までおじいちゃんが迎えに来ての途中での出来事だった。

「おーおーよく来たね一人で」

「おばあちゃん途中で子供の雀拾って来た、おじいちゃんが飼っても良いってー」

「まだ雀の子供なんだろー大丈夫」

おじいちゃんは以前にメジロを飼って居たらしくメジロ用の鳥かごでぼくは飼われることになった。

「おじいちゃん雀は何をたべるの」

「今は青虫とか昆虫の幼虫だろーな」

「じゃおじちゃん取りに行こうよ」

おじいちゃんはメジロ用の水入れに水をいれて入れて呉れた、ぼくはかごのすみに寄りこの後どうなるか心配だった。

悠太君は青虫をやっとのことで見つけたと言ってかごに入れてくれたがあまりにもびっくりした連続だったのですぐには食べられなかったが青虫が動きだしたので急いで食べた。

「おじいちゃん雀の寝る所このチョコレートの箱いいかなー」

「メジロ用のが有るから持ってくるよ」

と言いワラで作った丸い寝床をかごのすみへ置いて呉れました。

「おばちゃん、雀の名前考えてよ」

「そうだなーあなたが悠太だから弟として、ちゅん太にしたら」

「そうかーちゅん太に決めた」ということでぼくは「ちゅん太」となった。

ぼくは台所のテーブルに置かれた悠太がそばに居ると気が楽だが居なくなると飼い猫のミキシーがのぞきに来ると怖いがおばちゃんが「だめよー」と言ってだっこして連れて行ってくれたのでその日は安心して寝てしまいました。

次の日も悠太くんとおじいちゃんが畑に行き菜の花と一緒に青虫を取って来て呉れました。

ぼくは気が楽になりとまり木に飛び付いて休めるようになりました。

「おじいちゃんちゅん太青虫だけでは飽きるよね他に何を食べるんだろうな」

「そうだなー悠太のお父さんが子供の頃勉強した野鳥の図鑑が有るから調べようか」

「お父さんも小鳥好きだったのかー」

悠太くんとおじいちゃんはぼくの好きなものを探してくれました。

おばあちゃんは「これが良いよ」と言って料理ようの「えごま」をつぶしてぼくに呉れました。

ぼくはすっかり元気になり止まり木を行ったり戻ったり出来るようになった、

悠太くんとおじいちゃんおばあちゃんとミキシーで夕食を終えたところへ悠太くんのお母さんから電話が来た、

しばらくおばあちゃんが話をしてから「悠太おかあさんからよ」と言って悠太に替った。

「ぼんねちゅん太飼ってるんだ横浜へ連れて帰るよ」

電話でお母さんが何を言ったかは分からないが悠太君は何か困った顔になった。

「お母さんが明日帰って来なさいって」

「休みは明日までだからなー塾もあるからお母さん心配してるんだよ」

「明日帰るけどちゅん太は連れて行くからね」

悠太君はぼくを連れて行くと決めているようだがぼくはお父さんとお母さんそれに妹達が遠くになるようで悲しくなりました。

いよいよ今日悠太君は横浜へ帰ることになった、悠太君はぼくを抱えおじいちゃんとおばあちゃんが駅まで送って来ておじいちゃんが言った

「ちゅん太は横浜へ行っても幸せではないかも知らないと思っているぞ」

「おじいちゃんはどうしてそう思うの?」

「横浜に行けばちゅん太には友達も居なくお父さんやお母さんとも遠くなり悠太は学校や塾だろう、お父さんやお母さんは働いているので一人でのマンションはさびしいよ」

「うーん友達は居ないなーそして青虫もぼく捕らえられないなー」

悠太君は少し考えていたが「ちゅん太連れて行くのやめる」

「分かったおじいちゃんが預かるよ」

悠太君が電車に乗る時ぼくとの別れがなにか淋しそうだったぼくも悠太君との別れが悲しかったが悠太君がぼくをおじいちゃんに預ける時の気持ちがぼくにも伝わりぼくは涙が止まりませんでした。

終わり

創作童話