テニス雑学の記事一覧

テニス雑学、テニスクイズで学びましょう

第1問、ダブルスゲームの時のサーブでレットになるのはどんな時でしょうか

①、味方の身体に触れてから入った

②、サーブが相手コートのライン際に入った時味方がフォルトと言った

③、ネットに2回バウンドしてサービスコートに入った

④、味方のラケットに触れてから入った

第2問、セミアドバンテージゲームとは

①、フォテーンオールの時2ポイント差が着くまで続けるゲーム

②、相手が強い時に最初に1ポイント貰うゲーム

③、フォテーンオールの時サービス側のサービス3回のポイントで勝敗を決めるゲーム

④、フォテーンオールの時サービス側でディサイテングポイントと必ず言うゲーム

第3問、ボールに逆回転を掛けて打つショットは

①、カットショット

②、トップスピンショット

③、シュートショット

④、スライスショット

第4問、ダブルスの試合でサービスの順番が誤っているのが判明した時の処理の正しいのは

①、判明した時点で正しく戻しそのゲームの最初から始める

②、判明した時点で正しい順に戻すがポイントはそのままで進める

③、判明したその時正しく戻し1ポイント失点になる

④、判明したが相手がKOすればそのまま続ける、OKなき時は1ポイント失点になる

第5問、日本のプロテニスプレーヤーでその当時のトップフレーヤー、スタン・スミスを2度も破った人は

①、松岡 修造

②、神和住 純

③、熊谷 一弥

④、ジョン 川平

第6問、サーブする時ボールを2個同時にトスしてしまった、そのときのプレーは

①、フォルトでセカンドサーブ

②、ファストからやり直し

③、2個だから失点

④、レシーバーからクレームが付いたら失点

第7問、試合中に風で帽子を飛ばしたがそのままにして置いたら帽子に球が当たった

①、故意でないないからレットになるが2度めは失点になる

②、帽子に当たった時点で失点になる

③、帽子に当たったが運よく返球した

④、故意でないのでレットだ

第8問、サーブをした時にフォルトにならない事は

①、トスボールを空振りした

②、ネットに当たり相手のアレーに落ちた

③、レシーバーに当った

④、トスボールを打つ体勢の時ラインを踏んだ

第9問、トップスピンとは

①、縦に強い逆回転が掛かっている球

②、横に強い回転が掛かっている球

③、斜めに強い回転が掛かっている球

④、縦に強い順回転が掛かっている球

 第10問、セカンドサーブボールがファストサーブでフォルトしたボールがコート内に有りそのボールに当った正しいのはどれでしょう。

①、ファストサーブからやり直し

②、セカンドサーブのやり直し

③、サーバーの得点になる

④、タイミング良く返球したのでインプレーになる

 ゲームを楽しみながら覚えましょう。クイズこれで終了です。

続きはマナー編へ

テニス雑学

試合巧者になろう(知って得するダブルスの知識)

 ○、トスに負けたら不利なサイド先に取る (太陽、風向き、など気になること)

  ○、試合コートが知ったら先にコートに入って好きなサイドを取ってしまう。

  ○、ダブルスに必要な打球は早いボールよりも、遅くて低いボールが有効。

  ○、リラックスしてサーブを打つ為に深呼吸して腕をブラブラさせ腕を振り子

    のように振る。

  ○、強力なサーブを入れようとせずセカンドサーブを2本打つつもりで確実に

    入れる(確実な第一サーブ)

  ○、ファストボレーを確実に打つことを考えてサーブをする。

  ○、サーブではフォアサイドでは90%でセンターへ、バックサイドでは70%で

     コーナーへ打つ(相手のバックハンド)困った時は相手の正面へ打つ。

  ○、サーブを打つ前にパートナーと『内緒話』をする(作戦ではないがレシーバー

    に精神的プレッシャーとなる)

  ○、ダブルフォルトをしたら次のファストサーブは必ず入れること。

  ○、自分のリズムを取り戻す時間を作る。

    (パートナーと話などをして間を作りイライラを抑える)

  ○、サーバーのパートナー(前衛)の守備位置はネットから2m50cm、センター

    ラインから2m50cmが基本。

  ○、積極的にポーチに出てレシーバーの打てる範囲をせばめる。

  ○、レシーバーの前でフェントを掛けてプレッシャーを与える。

  ○、前衛は用件が無くてもサーバーに話を掛ける(作戦が有るように見せる)

  ○、ポイントゲッターはバックサイド、ゲームメーカーはフォアサイド

  ○、パートナーがリターンミスしをたら自分は絶対に返す(2連続ミスは避ける)

  ○、パートナーがミスしたら「ドンマイ、ドンマイ」と声を掛ける。

  ○、良いショットやサーブで得点したら「ナイスショットまたはナイスサーブ」と声を

         掛ける(又は空中で手をパッチン)

  ○、相手に背を向けて歩きながら作戦を練る。(パートナーを励ますと良い)

    《会話のないペアーはだめだよ》

  ○、一発エースよりも堅実なプレーを心がける。

  ○、相手の弱い方のプレーヤー見定めその方を狙うようにする。

  ○、勝っている時はどんどん、負けている時はゆっくり時間をかせぐ。

    (チェンジコートで時間を稼ぐ)

※何を意味しているのは分からない事も有るかも知れませんので後ほどに解説する機会を設けます。

続きは次のページはクイズで学ぶNo2

テニス雑学