テニス雑学の記事一覧

テニス雑学クイズ (実戦ゲーム編)

第1問、サーブの時、3度トス揚げたがそれも打たず4度目も打たなかったら 相手がクレームを付けてきた。

①、4度目もトスを揚げて打たないのは失点である。

②、打たなければ何度もトスを揚げて自分に合ったものを打てば良い。

③、クレームを付けるのは誤りである。

 第2問、パートナーがフレームタッチしたがホローに廻っていたのでタイミング良く打ち返した。 

①、一連の流れだからそれで良い。

②、故意にタッチしたのではないのでやむをえないのでOKだ。 

③、ボールに一度触れればそれを打ち返してもレシーブミスである。

第3問、相手から来たボールがスピンが掛っていたのでワンバウンドして相手コートに戻ってしまった。

①、そのボールは相手が又続けて打たなければならない。

②、そのボールを相手が打たなければ自分の方でのポイントになる。

③、そのボールを打たなかったのは自分方のミスである。

第4問、相手がサーブを打って来たがハイボールで明確にアウトと思ったのでラケットで止めた。

①、ハイボールをラケットで止めたのであればミスレシーブとなり相手ポイントとなる。

②、誰が見てもアウトは明確なのだから止めてフォルト又はアウトとなる。

③、もう一度サーブを打ってもらう。 

第5問、ネット近くのボールを打ち返した後で勢い余りネットにラケットが当たってしまった。

①、ボールを打ち返した後での流れであるのでしかたがない

②、ボールを打ち返した後であってもネットには触れてはいけない。

③、ネットはボールの打ち分けの仕切りだから身体が触れても問題は無い。

第6問、ラリーのボールがバックラインを大きく超えて来たので左手でボールをキャッチした。

①、誰が見てもアウトボールなので有るのでバックアウトである。

②、ラケットで止めたのでは無いからバックアウトである。

③、ラケットを持っていない手であってもラケットと同じである。

 第7問、相手サーブが大きく誤りサーブレシーバーとは違う方向へ飛んだのでパートナーがノーバウンドでラケットで止めた。

①、レシーブすべきレシーバーでは無いのでボールを止めてもよい。

②、レシーブすべき人でも無くてもノーバウンドでは止めてはいけない。

③、誰が見ても明らかにミスサーブなのだから止めても良い。

第8問、サーブを強く打ち終えたら片方の足が大きくライン内側に入ってしまった。

①、サービスボールを打ち終えた後なら流れでバックラインを内側に超えても良い。

②、サーブは必ずバックラインの外側から打たなければならない

③、一連の流れで靴の巾の範囲ならラインを踏んでもやむをえない。

④、サーブを打つ前なら空中でライン内側に入っていても良い。

第9問、試合3ゲーム目で相手チームでフォアーとバックが入れ替わったが続けてプレー終了後にクレームを入れたが勝敗の結果は。

①、ゲームが終了してしまったのだから結果は変えられない。

②、ルール上は無効で結果は入れ替わった方が負けである。

③、そのような時は試合中に問い正して無いので有効だ。

第10問、相手ボールがライン間際に来たので自分はアウトコールをしたがパートナーがセーフのゼスチャーであった、その時は?

①、ボールに近い方のコール判定にする。

②、先にコールした方の判定にする。

③、互いに異なるコールの時はセーフとする。

第11問、相手がサーブサイドを誤りサーブ行ったが受けてしまいレシーブミスをしてしまった。

①、正しいサイドで再度サービスを行ってもらう。

②、レシーブしたのだから有効となる。

③、相手が誤ったのだから当方のポイントとなる。

第12問、相手の第一サーブがラインより少し外側でアウトだったが打ちごろのサーブなので思うように打てるので強く打ち込んでリターンエースを取った。

①、相手からフォルトではないかと言われたがセルフシャジで先方に言われる事ではない。

②、相手からフォルトではないかと言われ素直に認めてセカンドサーブとした。

③、サーブはフォルトではないと言い切った。

 

第13問、フォアストサーブの時トスを揚げたが思うようなトスでなかったのでラケットで受けて再度トスを揚げてサーブを行ったがフォルトをした。

①、フォルトをした時点でワンポイントの失点でサイド変更となる。

②、フォルトなのでセカンドサーブとなる。

③、相手方向へ打なければ何度でも行っても良い。

 

上記13問までの答えはプレーの中で学び互いに教えあい理解致しましょう。

テニスは紳士淑女のスポーツ穏やかに相手を敬い楽しくプレーを致しましょうね。

◎、これで初級編は終了、No1~理解して居れば楽しいプレーになります。

テニス雑学

「知って置きたいテニスの知識」

 テニスを楽しむためにマナーを守りましょう。

    テニスは「フランスで生まれのイギリス育ちそしてイタリアで躾(ルール化)られた」と言われております。

テニスに限ったことでは有りませんスポーツを楽しむ以上、ルールを守ることはもちろん、ゲーム楽しむためにマナーもしっかり守らなければなりません。

テニスの魅力とは、テニスの楽しみ方は人により様ざまであるが、共通するのはコートに立てば年齢や性別など気にせずに試合が楽しめ、テニスを通じていろいろに人との交流である、と云うのも魅力のひとつです、テクニックを磨き心身体をリフレッシュする、それがテニスの醍醐味です。

 ☆セルフジャッジのゲームを楽しむマナー

 相手に有利な判定をするのがセルフジャッジの心得」

テニスの試合はおおよそ審判の付かないセルフジャッジで行われます、自分のコート側の判定はすべて自分で、相手側のコートは相手がジャッジ致します、その為にもルールをしっかり覚えて置きましょう。

たとえばライン際のきわどい位置にポールが落ちて迷ったならば相手に有利な判定をするのがセルフジャッジのマナーです。

     「ジャッジは美しく判定に不服が有っても熱くならず」

 アウトかインかが判らなかったら「イン」として続けよう、もしも相手の判定に不服が有っても決して熱くならず冷静に次のプレーに気持ちを切り換えることが大切です。 

  「試合前の挨拶を忘れずに」

 テニスに限ったことでは有りませんが、「礼に始まり礼で終わる日本の武道」のように試合は勿論のこと、たとえ練習試合あっても必ず挨拶をすることを習慣づけましょう。

  「試合後にはお互いの健闘を讃え握手をかわしましょう」 

 試合後は「勝った負けた」に関係なくお互いの健闘を讃えネットに駆け寄り握手をします、勝った嬉しさのあまり、相手を待せるようではプレーヤーとして失格です。

  

 ☆隣のコートからボールが転がって来たら

練習やゲーム中によそからボールが転がって来ることが有ります、またこちらのボールが隣のコートへ飛んで行った場合

ラリーの最中だった時はそのラリーの妨げにならない位置でラリーの途切れるのを待ち、自分で拾う時は「失礼」の一言拾って貰ったら「ありがとう、またはサンキュー」とひとことお礼いたしましょう。

「たまこそっちへ行った、取ってけれ~」はないでしょうね。

ボールを返す時は、相手でも隣のコートへでもパートナーにも受け取り易いように出来るだけワンバウンドで返す。

女性が拾ったボールをラケットでは無く手に持ち替えて「ボール行きまァ~す」なんてワンバウンドで投げてくれた時は今日一日ハッピーな気分になります。

◎ゲーム中にボールが入って来た時は「知っておきたいマナー」のページで確認致しましょう。 

 ☆うっかり行動に注意致しましょう

①、インプレー中はコートの後ろを通ったり、ボールを拾いに行ったりはしない。

②、相手の準備ができたかを確認してからサービスに入る。

③、フォルトのボールは自分側アレー寄りのネットへ戻す。(相手へは戻さない)

④、プレー中は静に見守るのが観戦マナー。

 

 ☆ルール(よくあるケース) Q&A  

Q、「ファーストサーブがフォールトして、セカンドサーブを打つまでに隣すらボールが入って来た、レットになりファーストサーブからやり直しする、それともセカンドサーブからやり直す?」

A、セカンドサーブのモーションに入るまでの間にボールが入って来たら、そのままセカンドサーブから、セカンドサーブのモーションに入った後にボールが転がって来たら、ファーストサーブから再開することになる。

Q、サービスをする前にプレヤーがコート面にボールを手でついたりすること、またラケットでコートについたりする行為はインプレーとなるか?

A、ラケットの持っていない手でコートにつくことは何度しても良いがラケットでつくのはやめたほうが良い。(アンダーサーブモーションと言われるかも知れない)

 

☆ダブルスのタイブレーク

ゲームの始まりは、                             ①サービスサイド、フォアーからサービスしてゲームスタート、

②次のサーブはレシーブ側のバックサイドからバックレシーバーがサービス致します、

③次はフォアーサイドからフォアーレシーバーがサービスする。       

④次は最初にサービスした側のバックサイドからバックレシーバーがサービスする、

⑤次は最初に戻りフォアーからサービス致します。

⑥次は②に戻ります。サーブ回数が7回目からコートチェンジ致します、コートチェンジしたら③の順で繰り返します。

※基本ルールは7ポイント先取ですが同ポイントになった時はは2ポイント差が着まで続けます。

※コートチェンジは双方のポイントの合計が6ポイントで致します、づうと続いた時は6の倍数で行います。

※ゲーム最初のみ1ポイントでサービス交代で次からは2ポイントで相手へ替ります。

※サービスの順は最初のみ同チームにて1回で2回目からはバックレシーバからという順になります。

続きはNo4 実戦クイズで学ぶ初級編

   

テニス雑学