230px-アスチルベの花5月「アスチルベ」

花言葉 : きまま、自由、恋の訪れ、熱心な気持ち、

チダケサシ属の多年草植物。ショウマ、アワモリソウ、アケボノショウマの別名を持つ。アスチルベの原語は、ギリシャ語のaとstilbe(輝き)の合成であり、地味なことを意味しているといわれるが、そのフワフワと煙るように見える独特の花は、遠くからでもよく目立ち、近年のカーデニングブームとともに人気品種となる。環境への適応能力が高いが、湿り気のある土壌と半日陰を好み、耐寒性を持つ。日本でも数種が自生する。

普通園芸でアスチルベと呼ばれるのはドイツのケオルク・アレンズが育成1908年に発表したのです。花期はから晩春~夏(5~9月)花の色は赤、ピンク、紫、白

《6月1日誕生花 花言葉》
アヤメ・・・・・・・よき便り、神秘的な人
チューベローズ・・・快楽、危険な快楽
テンナンショウ・・・壮大な美
ナツグミ・・・・・・野性美
マトリカリア・・・・集う喜び、楽しむ
ローズ・・・・・・・わが心君のみが知る、上品