「スパティフィルム」

花言葉  :  清純な心、爽快、包み込む愛、上品な淑女、清々し日々、

サトイモ科の属の一つ。30種程度が知られる。分布は中央アメリカや南アメリカの熱帯域が中心だが、東南アジアにもいくらかの種が成育する。主に森林の湿地に自生する。葉は笹のような形で深緑色をしている。花穂には周囲を取り囲仏炎苞がある。葉、花、仏炎苞の色が鮮やかで、多くが観葉植物や切花用に栽培される。     栽培に際しては株分けや実生によって増やす。やや乾燥に弱く、特に小さな株は水分が少なくなると葉がしおれる。この場合はすぐに水を与えると数時間で元に戻る。 日照不足には強いが、花を多く咲かせるには肥料と光を与える必要がある。また日陰から急に日向に移すと葉焼けを起こしやすい。

通常の観葉植物の植え替えは3分の1ぐらいの古い土を取り除いてから行ないますが、スパティフィラムは肥料の成分が残っている上の部分の土を取り除くだけでよいです。根が鉢に多めに張って居る時は、一回り大きな鉢に植え替えていますが、もっと根の張っている株を植え替える場合は二回り大きな鉢に植え替えるか、できれば株分けをして鉢に余裕を持たせた方がよいです。根詰まりすると花が咲き難くなります。秋に植え替えを行なう場合は、その後の生育期が短いので一回り大きな鉢に植えて、春になったら必要なら株分けをして植え替えればよいと思います。(写真は花がついてますが、花が付いている時期の植え替えは控えた方がよいです)

Spathiphyllum cochlearispathum RTBG.jpg    スパティフィルム

《6 月12日誕生花、花言葉》
スパティフィルム・・清純な心、爽快
ハニーサックル・・・愛の絆、友愛
ミズバショウ・・・・美しい思い出
モクセイソウ・・・・陽気、快活、魅力
ユッカ・・・・・・・勇壮
ライラック・・・・・愛の芽生え、青春の喜び、美しい契り 、出会いの喜び、友情