ヒアシンス「ヒアシンス」

花言葉  :  スポーツ、遊戯、変わらない愛情、初恋のひたむきさ、    心静かな愛、しとやかな可愛らしさ、

ヒアシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスに由来する。同性愛者であった彼は、愛する医学の神アポロンと一緒に円盤投げに興じていた。

しかし、その楽しそうな様子を見ていた西風の神ゼピュロス(彼もヒュアキントスを愛していた)は、ヤキモチを焼いて、意地悪な風を起こした。

その風によってアポロンが投げた円盤の軌道が変わり、ヒュアキントスの額を直撃してしまった。アポロンは医学の神の力をもって懸命に治療するが、その甲斐なくヒュアキントスは大量の血を流して死んでしまった。

ヒアシンスはこの時に流れた大量の血から生まれたとされる。このエピソードから、花言葉は「悲しみを超えた愛」となっている。

《花色別花言葉》                       赤⇒私は悲しい、嫉妬、                         黄⇒勝負、                               白⇒心静かな愛、控え目な愛らしさ、                   紫⇒悲哀、                               ピンク⇒スポーツゲーム

恋愛花言葉と誕生花~悲しい恋の花言葉  ヒヤシンス

《3月27日の誕生日の花、花言葉》              アストロメリア・・・・エキゾチック、持続、援助、幸福、凛々しさ
カルセオラリア・・・・私の伴侶、援助、私の財産を捧げます
ショウジョウハカマ・・希望
ヒベルティア・・・・・無邪気
ポプラ・・・・・・・・敏感、哀歌、勇気、度胸                     ヒアシンス・・・・・・遊戯、変わらない愛情、初恋のひたむきさ、心静かな愛、 しとやかな可愛らしさ