マーガレット「マーガレット」

花言葉  :  恋を占う、真実の愛、さよなら、忍耐と悲しみ、心に秘めた愛、誠実、貞節、

観賞用の園芸植物として、主に温室やビニールハウスで栽培されている。     カナリヤ諸島が原産地で、17世紀末に欧州に渡る。日本には明治時代末期に伝わり、大正時代から幅広く栽培されるようになった。3~7月に花をつける。

白色の一重咲きが普通であるが、黄色やピンクのもの、八重咲き、丁字咲きのものもある。本来は宿根草であるが、日本では温暖地でないと越冬できない。フランス菊のシャスターテージー やフランスギク とよく混同される。

何年も越冬できて大株になってくると茎が木質化し、低木のようになる。繁殖は挿し芽による。

色々な花の咲き方があり、真ん中におしべ、めしばがありその周りに花びらがついている咲き方や、全体に花びらが付いている、オペラ咲きなどがある。

マーガレットの白くて可憐な花は、清楚な少女をイメージさせますね。マーガレットといえば白が基本種として知られていますが、他にもピンク・黄色・橙色などの花色もあります。

マーガレットは北アフリカのカナリア諸島が原産とされ、日本には明治時代の終わりごろに渡来しました。

愛らしくて親しみやすいマーガレットの花は、多くの人に好まれています。マーガレットといえば恋占いの花として知られています。花びらを「好き、嫌い……」と一枚ずつ摘み取っていく少女の姿が思い浮かびますね。

白いマーガレットは結婚式のブーケとしても好まれているように、まさに純粋な愛を表現するのにぴったりの花です。

マーガレット 花言葉  image.jpg

《2月1日の誕生花と花言葉》
ウメ・・・・・・・高潔な心、澄んだ心、忠実、独立
サクラソウ・・・・若い時代と苦悩
ツバキ・・・・・・高潔な理性、気どらぬ優美、控えめな美点、魅力
ボローニア・・・・打てば響く、的確、芳香                     マーガレット・・・恋を占う、真実の愛、さよなら、忍耐と悲しみ、心に秘めた愛、誠実