なのはな1「ナノハナ」

花言葉  :  快活な愛、活発、豊かさ、財産、料理、協調性、明るさ、初々しい、快活、競争、小さな幸せ、元気いっぱい、豊かな財産、

菜とは食用の意味であり、菜の花とは食用の花の意味である。 在来種アブラナや、セイヨウアブラナの花序や若芽が利用され、最近はコウタイサイなど中国野菜由来の新品種も登場している。食用生産が多いのは香川県、高知県、千葉県、三重県など。

大別して、蕾の目立つ頭頂部をまとめたタイプと、掻き取った脇芽を袋詰めにしたタイプが主流となっており、前者は在来種アブラナ系、後者がセイヨウアブラナ系とされる。セイヨウアブラナは固く筋っぽくなりやすい反面、在来種より苦みが少なく甘みが強い特徴がある。

野菜としては足が早いほうなので、保存する場合は加熱してから冷蔵するのが望ましい。 ビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜であり、アク(シュウ酸)はホウレンソウの20分の1以下なので、調理にあたっては茹ですぎないことがポイント。

2~3月だけ出回る旬を残す野菜だったが、近年は予冷技術により出荷時期が延びてきている。また寒咲花菜のように初冬から出荷されるものもある。

贈り物にひとひねり。菜の花の花言葉を使った7つのメッセージ  field-mustard_3

《2月6日の誕生花と花言葉》
イワレンゲ・・・・・勤勉、豊かな才能、良い家庭を築く
オンシジューム・・・可憐、強調、気立てがいい、清楚、神秘的な恋、遊び心
ナノハナ・・・・・・快活な愛、活発、豊かさ、財産、料理                 パンジー・・・・・・物思い、思想、思案する、私を思ってください、私はあなたを思う、思い出、記念品、純愛                              カランコエ・・・・・たくさんの小さな思い出、あなたを守る、幸福を告げる、おおらかな心