アイスランドポピー

花言葉  :  慰め、眠り、感謝、やすらぎ、七色の恋、気高い精神、忍耐

日本ではシベリアヒナゲシとして流通している、草丈30〜35cmのゲルフォルトジャイアントと、草丈25〜30cmのカクテルミックスと呼ばれる品種が主に栽培されている。

日本では1株ずつ鉢植えにするといったことはせず、庭地や畑に群生させ花畑を演出するのが主流で、各地に見られる花摘み園などで主役となっている。

遺伝学的には、白花は黄花に対して優性であり、オレンジやピンクなどその他の色はそれよりさらに劣性であることがわかっている。

花言葉の「慰め」は、ギリシア神話で豊穣の神デメテルがこの花を摘んで自らの心をなぐさめたことに由来するといわれます。

また「眠り」「感謝」の花言葉は、眠りの神ソムアヌがデメテルの苦しみを軽くするためにケシの花で彼女を眠らせたという伝説にちなむともいわれます。

Papaver nudicaule dsc00913.jpg  Papaver nudicaule 

《2月20日の誕生花と花言葉》                ストック・・・・・・・永遠の美、豪華、幸福、同情、愛着心
アイスランドポピー・・慰め、やすらぎ、七色の恋、気高い精神、忍耐
オウバイ・・・・・・・恩恵、優美
カルミア・・・・・・・大きな希望、大志を抱く
ハナナ・・・・・・・・快活さ