「タケ」(竹)

花言葉  :  節度、節操のある、

タケ類は成長力が強く、ピークの時は1日で1メートル以上成長する。竹林の近くにある民家の中に竹が侵入する(筍が生える)被害もある。地下茎が地面を広く覆うことから崖崩れには強いが、逆に強風、地滑り、病気などには弱く、放置された竹林で地滑りの発生が多いという研究もある。事実、放置竹林による地すべりの事例がいくつも報告されており、問題が指摘されている。また放置竹林によって山地が覆われ、元々植生していた広葉樹や針葉樹の光合成が妨げられ、結果として森林の減少を招くという問題も起こっており、各地で対策が講じられている。

乾燥が十分なされたものは硬さと柔軟さを備えており、さまざまな素材として利用される。その繊維を利用して紙も作られている。竹酸液や竹炭としても利用されるほか、飼料、建材、工芸材料などとしても用いられている。前述した放置竹林の問題にも、これらの素材としての活用を求め、様々な研究、試行錯誤が行われている。  また、食材としては、若いものを筍として食べるほか、葉を食料として利用する動物もおり、ジャイアントパンダはこれを主食としている。             モウソウチクを除く種の多くは、その地域でしか生育しないことが多いが、その理由は不明である。

竹の花は60年に1回咲くといわれている。『竹の花が咲くと不吉な事が起る』
『天変地異の前触れ』などと云われるのは竹の花は滅多に咲かないゆえにこのような迷信の類いが広まったという説がある。

竹は一旦花が咲くと周囲の竹にも伝染するように次々に開花するという性質があり、そのあと全部枯れてしまう、詳しい生態は謎でまだ解明されていない。一般に竹類は花が咲くと枯れることから凶作や地震など不吉な事が起きるというが天変地異などとの関係がいわれるが特に関係はないようです。

竹類でも笹竹、真竹(女竹)は花が咲くと一斉に枯れるが、淡竹や孟宗竹は花が咲き枯れた事は確認されて居ない。(トップ写真は孟宗竹、下部写真は「花紀行・花おりおり」のWebより転写コピーしたものです。                        竹の花 http://higashiwaka.sakura.ne.jp/hana/hana/hanaki/take/

竹の花 竹の花

《1月2日の誕生花と花言葉》                 カルセオラリア・・・私の伴侶、援助、私の財産を捧げます
シンビジューム・・・飾らない心、深窓の麗人、華やかな恋、素朴、高貴な美人
スイセン・・・・・・私むの愛にこたえて、エゴイズム
タケ・・・・・・・・節度、節操のある
ロウバイ・・・・・・慈愛、優しい心、心を持っている