「ハボタン」

花言葉  :  祝福、利益、包む愛、利益、物事に動じない、違和感を覚える、華美、

結球しない古い品種のキャベツ、またはケールが主に観賞用として栽培されるうち、品種改良されたと見られる。                        ケールの渡来時期は鎌倉時代後期または江戸時代前期とされるが、現在見られるハボタンの作出時期としては、園芸ブームに沸き、草本植物の斑入りなど葉変わりが珍重された江戸中期以降と見られ、縁起のよい紅白二色が好まれたという。 当時、博物学者の山岡恭安による『本草正正譌』で牡丹菜、葉牡丹と記載されているのが文献上の初見とみられ、古典園芸植物とも言いうる。                  明治以降は冬の園芸植物として広まる一方で海外に紹介され、戦後はさらに品種も増え、現在では世界各地で栽培されている。

 ハボタン     ハボタン(葉牡丹)1 ハボタン(葉牡丹)2 ハボタン(葉牡丹)3

《12月13日の誕生花と花言葉》
アザレア・・・・・・知った喜び、満ち足りた心、節制
キク・・・・・・・・
シルバーレース・・・あなたを支える
チランジア・・・・・屈
デンドロビューム・・わがままな美人、思いやり
ヤツデ・・・・・・・分別