カリン「カリン」

花言葉  :  唯一の恋、努力、可能性、豊麗、優雅、豊かで美しい、 可能性がある、

バラ科の1種の落葉高木である。その果実はカリン酒などの原料になる。     豆科(花梨)とは全くの別種である(近縁でもない)。近縁なマルメロの果実も「かりん」と称されることがあるが正しくない。                  語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いとも言われる。                  果実は生薬名を和木瓜(わもっか)という。ただし和木瓜をボケやクサボケとする人もあるし、カリンを木瓜(もっか)とする人もいる。なお、日本薬局方外生薬規格においてカリンの果実を木瓜として規定していることから,日本の市場で木瓜として流通しているのは実はカリンである。中国語では「木瓜」はカリン・ボケ類・パパイヤを意味している。

カリンの花   カリン 

《11月1日の誕生日の花、花言葉》              アケビ・・・・・・・・・・・・才能、唯一の恋
キルタンサス・マッケニー・・・おしゃべり
クロトン ・・・・・・・・・・・あなたは妖艶
ソバ・・・・・・・懐かしい想い出、あなたを救う
ノブドウ・・・・・間愛、慈悲