サザンカ「サザンカ」

花言葉  :  謙虚、愛嬌、無垢、困難に打ち勝つ、理想の恋、ひたむき、白色⇒愛嬌、貴方は私の愛を退ける、赤色⇒謙譲、貴方が最も美しい、ピンク色⇒永遠の愛、

秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせる。野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白色であるのに対し、植栽される園芸品種の花の色は、赤色や白色やピンクなど様々である。                       サザンカ、ツバキ、チャノキなどのツバキ科の葉を食べるチャドクガが知られているが。この毒蛾の卵塊、幼虫、繭、成虫には毒針毛があり、触れると皮膚院を発生させる。また、直接触れなくても、木の下を通ったり風下にいるだけでも毒針毛に触れ、ると被害にあうことがあります。

通常サザンカというと晩秋から冬に花を咲かせるイメージが強いですが、サザンカとヤブツバキが自然に交雑してできたハルサザンカは冬から春に花を咲かます。また、真冬に花を咲かせるカンツバキも園芸上はサザンカに含まれまれることも多いです。以上のようにサザンカは花の咲く時期によって「サザンカ系」「カンツバキ系」「ハルサザンカ系」の3つのグループに分けられます。               花色は桃・紅・白などがあり、咲き方も一重咲き・半八重咲き、八重咲き、ラッパ咲きなど多岐に渡ります。色も単色だけではなく、斑のはいるもの美しいグラデーションのぼかしが入るものなどバラエティーに富みます。ちなみに野生種のサザンカは6~7枚の花びらを持つ白色の一重咲きです。

赤いサザンカ、sasanqua_red 白いサザンカ、sasanqua_white ピンクのサザンカ、sasanqua_pink

《11月16日の誕生花と花言葉》
クッカバラ・・・・・・・壮大な美
クリスマスローズ・・・・追憶、慰め、私の不安を取り除いて、中毒
ツルニチニチソウ・・・・優しい思い出
フユサンゴ・・・・・・・あなたを信じる、神秘的
ブルメリア・・・・・・・恵まれた人