「フキ」(フキノトウ)

花言葉  :  公平、待望、愛嬌、真実は一つ、仲間、

キク科フキ属のフキノトウ(蕗・苳・款冬・菜蕗)の薹は日本では蕗、苳、款冬、菜蕗と言った名前が付いており、日本が原産地です。               早春、土の中からつぼみを出しその後、葉が出る。冬に黄色花をつけることから「冬黄(ふゆき)」が略されフキ。花をつける茎、花茎が薹となり「ふきのとう」といわれるようになった。開花時期は2月~3月。花色は黄緑、白色。

茎は地上には伸びず、地中で地下茎(生姜やアヤメのような根塊)となり横に伸びる。地下茎が地表に剥き出しになると光合成のため緑色に変色する。このため、ワサビと間違われて誤食される例があるが、地下茎は有毒のため注意が必要である。  早春、葉の伸出より先に花茎が伸び出す。これを蕗の薹(フキノトウ)と呼んでいる。雌雄異花であり、雌花は受粉後、花茎を伸ばし、「たんぽぽ」のような綿毛をつけた種子を飛ばす。開花時の草丈は5~10cmだが、結実時の草丈は80cmになるものもある。(秋田フキは別格の大きさになる)

独特の苦みや香りを持ち、冬眠から目覚めた熊が、一番初めに口にするといわれています。その独特の苦みには、ポリフェノール類が多く含まれ、胃を丈夫にして腸の働きを整える働きに優れています。
フキノール酸は血中のヒスタミンを減らし、花粉症の予防や咳止めに効果があるといわれ、ケンフェノールが発がん物質を除去し、アルカロイドが肝機能を強化し春のだるさや疲れを解消する働きを持っています。
また塩分を排泄する役割のあるカリウムや食物繊維を豊富に含んでいます
冬に動きの鈍った体をすっきりさせるにはもってこいの食物ですね。フキノトウは地方地域により呼び名は異なります⇒ぱっけ、ばっきゃ、など。

フキノトウ 雌花  雄花

《11月17日の誕生日の花、言葉》                   コリウス・・・・善良な家風、恋の望み
スターチス・・・永久不変、変わらぬ誓い、しとやか
ツタ・・・・・・誠実、結婚、勤勉
ネリネ ・・・・  片思い、ていねい、親切、公平、不恰好