カラスウリ「カラスウリ」

花言葉  :  誠実、良き便り、男嫌い、

種子はその形から打ちでの小槌にも喩えられる。そのため財布に入れて携帯すると富みに通じる縁起物として扱われることもある。中国では医薬原料として活用されており、果実・種子・塊根ともに生薬として利用されている。かつては日本でも、シモヤケの薬として実から取れるエキスが使用された。 若い実は漬物にするほか、中身を取り出し穴をあけてランタンにする遊びに使われる。近年ではインテリアなどの用途として栽培もされており、一部ではカラスウリの雌雄両株を出荷する農園も存在する。花は夕方に咲き翌朝には萎んでしまいます。

言葉「よき便り」は、紅く熟した実に入っている黒褐色の種子が結び文に似ていることからつけられています。

カラスウリ カラスウリ

《11月20日の誕生花と花言葉》
イワレンゲ・・・・・・勤勉、豊な才能、良い家庭を築く
ウインターコスモス・・調和                         ムベ・・・・・・・・・愛嬌
ウシノシタクサ・・・・真実、良き便り、男嫌い
ツワブキ・・・謙譲、困難に傷つけられない、先を見通す能力、愛よよみがえれ