テニス雑学クイズ (実戦ゲーム編)

第1問、サーブの時、3度トス揚げたがそれも打たず4度目も打たなかったら 相手がクレームを付けてきた。

①、4度目もトスを揚げて打たないのは失点である。

②、打たなければ何度もトスを揚げて自分に合ったものを打てば良い。

③、クレームを付けるのは誤りである。

 第2問、パートナーがフレームタッチしたがホローに廻っていたのでタイミング良く打ち返した。 

①、一連の流れだからそれで良い。

②、故意にタッチしたのではないのでやむをえないのでOKだ。 

③、ボールに一度触れればそれを打ち返してもレシーブミスである。

第3問、相手から来たボールがスピンが掛っていたのでワンバウンドして相手コートに戻ってしまった。

①、そのボールは相手が又続けて打たなければならない。

②、そのボールを相手が打たなければ自分の方でのポイントになる。

③、そのボールを打たなかったのは自分方のミスである。

第4問、相手がサーブを打って来たがハイボールで明確にアウトと思ったのでラケットで止めた。

①、ハイボールをラケットで止めたのであればミスレシーブとなり相手ポイントとなる。

②、誰が見てもアウトは明確なのだから止めてフォルト又はアウトとなる。

③、もう一度サーブを打ってもらう。 

第5問、ネット近くのボールを打ち返した後で勢い余りネットにラケットが当たってしまった。

①、ボールを打ち返した後での流れであるのでしかたがない

②、ボールを打ち返した後であってもネットには触れてはいけない。

③、ネットはボールの打ち分けの仕切りだから身体が触れても問題は無い。

第6問、ラリーのボールがバックラインを大きく超えて来たので左手でボールをキャッチした。

①、誰が見てもアウトボールなので有るのでバックアウトである。

②、ラケットで止めたのでは無いからバックアウトである。

③、ラケットを持っていない手であってもラケットと同じである。

 第7問、相手サーブが大きく誤りサーブレシーバーとは違う方向へ飛んだのでパートナーがノーバウンドでラケットで止めた。

①、レシーブすべきレシーバーでは無いのでボールを止めてもよい。

②、レシーブすべき人でも無くてもノーバウンドでは止めてはいけない。

③、誰が見ても明らかにミスサーブなのだから止めても良い。

第8問、サーブを強く打ち終えたら片方の足が大きくライン内側に入ってしまった。

①、サービスボールを打ち終えた後なら流れでバックラインを内側に超えても良い。

②、サーブは必ずバックラインの外側から打たなければならない

③、一連の流れで靴の巾の範囲ならラインを踏んでもやむをえない。

④、サーブを打つ前なら空中でライン内側に入っていても良い。

第9問、試合3ゲーム目で相手チームでフォアーとバックが入れ替わったが続けてプレー終了後にクレームを入れたが勝敗の結果は。

①、ゲームが終了してしまったのだから結果は変えられない。

②、ルール上は無効で結果は入れ替わった方が負けである。

③、そのような時は試合中に問い正して無いので有効だ。

第10問、相手ボールがライン間際に来たので自分はアウトコールをしたがパートナーがセーフのゼスチャーであった、その時は?

①、ボールに近い方のコール判定にする。

②、先にコールした方の判定にする。

③、互いに異なるコールの時はセーフとする。

第11問、相手がサーブサイドを誤りサーブ行ったが受けてしまいレシーブミスをしてしまった。

①、正しいサイドで再度サービスを行ってもらう。

②、レシーブしたのだから有効となる。

③、相手が誤ったのだから当方のポイントとなる。

第12問、相手の第一サーブがラインより少し外側でアウトだったが打ちごろのサーブなので思うように打てるので強く打ち込んでリターンエースを取った。

①、相手からフォルトではないかと言われたがセルフシャジで先方に言われる事ではない。

②、相手からフォルトではないかと言われ素直に認めてセカンドサーブとした。

③、サーブはフォルトではないと言い切った。

 

第13問、フォアストサーブの時トスを揚げたが思うようなトスでなかったのでラケットで受けて再度トスを揚げてサーブを行ったがフォルトをした。

①、フォルトをした時点でワンポイントの失点でサイド変更となる。

②、フォルトなのでセカンドサーブとなる。

③、相手方向へ打なければ何度でも行っても良い。

 

上記13問までの答えはプレーの中で学び互いに教えあい理解致しましょう。

テニスは紳士淑女のスポーツ穏やかに相手を敬い楽しくプレーを致しましょうね。

◎、これで初級編は終了、No1~理解して居れば楽しいプレーになります。