これは花ですよ

 

子供の貧困ってどうしてだろう

子供の貧困、子供には全く意識無いことだ

学校でも給食費の払えない児童がクラスに数人はいるという

そのような事が知れるといじめにあう、仲間外れにされる

家に帰っても面白くない、貧しいから塾にも行けない

親との交わりは少ない、食事はただ食べるだけ

ということになると勉強はおろそかになる

これ等の事を越えて学校へ行くのは大変な事と思う。

 

そのような子供は大人になったらと、思うと心もとない。

子供の貧困は、親の責任である

その昔は結婚して子供が生まれたら何としても育てる

という気持ちが子供に伝わるから子供は意地でも

踏ん張り励む心が出ていようになっていた、

 

昨今はどうだろうか、

事の成り行きで結婚して、子供は生まれたが育てる

意志が無く両親も離婚を何とも思わない。

報道で見聞きすると結婚して離婚するのは3組に1組という

 

これでは子供はたまったものでは無い。

現在の我が国では核家族という状態だから

子供は放っておかれてしまうから始末が悪い

また片親で家庭を維持するのには難しい社会環境に

なっている、

 

政府は子供保育に努力しているが、

学校に入学してからが問題である。

子供が物心着付く頃に、自分の位置が判る、

それが何で自分はこんな環境なのだと、

現在の事に、不満を持つもの、その事から

反社会的になる者、現状に甘んじる者、

子供にはそれ以上の事は出来ない。

 

そんな環境にある子供は勉強に於いても遅れるようで

高学歴社会には置いて行かれるという

塾に行けないから高校、大学へと進めないから

就職にも選択幅が狭くなり給与水準も低くなる

よって子供が生まれても、その子供にも自分と

同じ境遇にしてしまう事になる。

 

このような環境になったのは、個人の自由が

そのような社会を作ってしまったように思う。

自由は大変に良い事だが、何から何まで自由では

だめだと思う。

 

自由ということは、勝手気ままとは違うと思う。

知恵ある人間だから、勝手気ままは止めましょう

動物の本能の赴くままに雄雌交わるごとく子供を産み

その後はどうなるかは知らないでは困ったものだ

 

子供を産んだからには子供が成人するまでは親の責任とは

憲法だが、有って無きがごときと思う。

個人の自由をはき違えて、勝手気ままで無い社会に

したいものだと思って居る。