iberis05「イベリス」

花言葉 : 心を引きつける、

南ヨーロッパ~西アジアが原産。属名 はスペインのイベリア半島に多く自生していた事が由来となっている。英名には砂糖菓子のような意味合いがあり、花の形をお菓子に見立てて呼ばれる。和名になっているマガリバナ(歪り花)は、長く伸びる茎と花序が太陽に向かって曲がるためである。

年草・多年草タイプがあり、その中でもいくつかの品種に分かれます。茎が立ち上がるものや背丈が低いものなどがありますが、特徴的な花の形は似通っています。
花つきがたいへんよいので、開花最盛期は賑やかでキャンディーの名のとおり花から甘い香りを漂わせます。
葉は細長い形をしていますが、花の咲く時期には花に隠れて目立ちません。
株はよく分枝して自然と姿がまとまります。

《5月14日誕生花花言葉》
オダマギ・・・・勝利の誓い、負け知らず、必ず手に入れる、捨てられた恋人、愚劣
シラン・・・・・互いに忘れないように、美しい姿
デルフィニウム・高貴、誰もがあなたを誉める、清明、慈悲
ペチュニア・・・自然な心
ワスレナグサ・・私を忘れないで、真実の愛、記憶